<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

De'longhiとクッキー。

2017.03.30 | 13:27


 

 

                      

 

 



みなさま。
 

 

大変ご無沙汰しております。

 


お元気ですか?

トラミでございます。

 


覚えていて下さったなら、泣いて喜びます。

 


2017年に入って、もう3月が終わろうとしての投稿…。

 


マイペースにもほどがあります。

 

 




実を言うと。
 

 

PCの前に座ること自体が。

 


実に半年ぶりくらい…。

PCを使わずとも、携帯で事足りていた…いうわけで。

 


スマホというものの便利さに驚くのと共に。

 


恐ろしささえ感じさせられる案件であります…。



それ故に。

ブログを触る機会もおのずと減ってしまったというか。

たぶん、なんやかんやを設定すれば。

携帯からの投稿もできるのかな?

たぶん、できるんでしょうけど(笑)

そこに辿り着いていない、アナログ女トラミ。



ブログの代わりに。

Instagramなんぞをちゃっかりさせてもらっていたりします☆

「toramihakuroneko」

ご興味がある方はどうぞ。

探してやってくださいな〜。

ブログよりは更新している…はずです(笑)




 

 

 




ちょっと前になるけれど。

相方くんのおやつが何もなかったもので。

「久々にクッキーでも焼いてみるか〜!!」

と、一念発起。

前々から焼いてみたかった、にこにこクッキーを作ってみたわ。










ミルク感を出すために。

練乳を一緒に混ぜたアイスクッキー。

それをスライスして。

ひとつひとつにピックで顔を描いていく。

この作業がとんでもなく……。


「ああああああああ!!!めんどくさっっっ!!!!」


って、何度叫んだかわからないわ〜。

何度も天井を仰いでは。


「乗りかかった船!!最後まで頑張れ!!」


と、自分を鼓舞しながら続けた果てしない作業。

 

これを何度も繰り返し。

 

オーブンで焼くこと4回くらいだったかしらね。


 

 

 

 

 

 

 

ほんのり日焼けしたお顔やら。

 

美白を保ったお顔やらが焼き上がり。

 

お皿にてんこ盛りになったクッキーたち。

 

 

 

 

 

 

 

このままでは。

 

つるっぱげ状態で可哀想なので。

 

さらにチョコレートで細工。

 

 

 

 

 

 

 

 

髪の毛を生やしてみました☆

 

この作業はね。

 

顔を描くよりは楽しい作業だったわね〜。

 

 

 

 

 

 

 

こんなにたくさん出来上がったクッキー。

 

食べきれるんかいな…。

 

と思っていたけれど。

 

相方くんが一皿以上はペロリと平らげ。

 

残りは職場のスタッフにも食べもらったので。

 

一瞬でなくなったわ〜。

 

個人的には、もう少しサクサク感が欲しかった、ってのと。

 

ミルク感が足りなかったわね〜。

 

目指しているのは。

 

「海くんのクッキー」(←わかる人がいたらすごい!!!)

 

あんなクッキー、いつか焼けるといいなぁ〜。

 

 

 

 

 

そして。

 

もう春だってのに。

 

季節はずれも甚だしいネタですが。

 

この冬、わが家にヒーターが仲間入りしました〜。

 

 

 

エアコンが苦手で酔ってしまうトラミ。

 

そして、植物がいっぱいいるので。

 

エアコンを使うと枯れてしまうため。

 

わが家では、ずっとホットカーペットのみで寒さを凌いできたのです。

 

あとはぬくぬくウェアを着込んでいたのだけど。

 

 

 

やっぱり暖がほしい!!

 

そして、できることならば。

 

陽だまりのような、ナチュラルな暖かさをこの手に!!

 

という、わがままを叶えるため。

 

前々から欲しくて。

 

でも、高くて買えなかったヒーター。

 

De'longhi のオイルヒーターを。

 

とうとう買ってしまいました☆☆

 

クッキーを焼いていた。

 

ちょうどこの日にデロンギちゃんが到着↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色はホワイトとアッシュグレイ。

 

このデザインもとってもお気に入りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本体自体のお値段もそこそこするんだけど。

 

購入をためらっていたのは。

 

このヒーターにかかる電気代…。

 

エアコンの倍くらいはかかる、って言われてるようで。

 

ひやひやしながら使っているわ。

 

 

 

結果としては…。

 

まぁ…高かったかなぁ〜(笑)

 

真冬って、ただでさえ電気代が上がるし。

 

しかも電気代そのものが、値上げしまくってるでしょ?

 

だから、どれくらい高いか、ってのはわからない部分もあるけれど。

 

たぶん3000〜4000円くらいは高かったかなぁ〜。

 

 

 

でも。

 

そのぶん、心まであったかくなるような。

 

ほっこりとした冬を過ごすことができたので。

 

高過ぎるとは思わなかったわ〜。

 

おかげさまで、おうちの中の植物たちも元気まんまんに育っているし。

 

キャスターがついているので。

 

キッチンとリビングを連れて歩くこともできて。

 

とても満足しています☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スッキリとしたデザインで。

 

インテリアとしても素敵だなぁと思います。

 

 

 

だんだんと暖かくなってきたので。

 

また来年、会うのを楽しみにしてるね。

 

 

 

 

 

 

 

 

★おまけ★

 

 

今年のお正月も。

 

相方くんの実家で。

 

トラミの両親と共に過ごさせて頂きました。

 

 

ちょっと前に。

 

相方くんのおばあちゃんが体調を崩されて。

 

どうなることかと心配していたのですが。

 

想像以上の回復力で。

 

すっかりお元気になっていて、ホッとしました。

 

 

 

なかなか実家に帰ろうとしない相方くんも。

 

お正月だけは、なんとか帰ってくれるっていう(笑)

 

(自分の実家くらいは、頼むからちょくちょく帰ってくれ。頼む。←トラミ心の叫び。)

 

 

 

 

 

 

 

 

おばあちゃんとも久しぶりに再会できて。

 

本当に良かった。

 

 

 

今頃になりましたが。

 

みなみなさま。

 

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

      
にほんブログ村

北の国から’2016。

2016.10.29 | 21:01


       

                         

 

 

 




ご無沙汰しております。


1日の寒暖の差が大きくて。


なんだか。

 


風邪をひきそうな予感しかしないけれど。

 


みなさま体調を崩されていませんか?

トラミは早速インフルエンザワクチンを打って。

左腕が腫れております……。

毎年痛いのよねぇ〜=3

 

 





今朝は。

 

相方くんが初めて。

 

朝ごはんに食べるパンを焼いてくれまして。

普段ごはんも作ってくれないのに。

いきなりパンを?!!

と、驚きおののいております。

どんどん腕を上げて。

そのうちバゲットとか焼いてくれたらいいなぁ〜。

なんて。

甘い妄想を抱いています。
 

 

 

 

 

 



トラミは先週。

親友M氏と一緒に。

ちょいと北海道まで飛んできたわ〜。

北海道は中学生のときの家族旅行以来!!

んまぁ〜久しぶりでした〜。

(今回は食べ物しかでてきませんのであしからず(笑))



新千歳空港に着くなり。

我々が向かったのは。

「Royce’ Factory」

いきなりカワイイ文字を見つけちゃいました☆




      
               

 

 



お目当ては。

この板チョコのパン↓




               





オイオイオイオイオイ〜!!

と、いきなり突っ込みたくなるビジュアルよね〜(笑)

パンなんだか。

チョコなんだか。

でも、まぁなんと贅沢な!!

という感動と共に頂きました。

(実際に食べたのは、イチゴチョコではなく、ミルクのチョコレートでした。)

この贅沢なチョコパンのお伴は。

瓶牛乳よ〜↓


 

 



               




もちろん言うまでもなく美味しいし。

北海道、っていうだけで。

もはやブランド的な味さえするような気がする。

そんな私はすっかりオノボリさんよね〜。

でも、ほんっとに美味しい!!

ジョッキで飲みたいくらいの気分よ〜。



「北海道行ったら、ソフトクリームは全部制覇しよな!!」



と、誓っていたトラミとM氏。

手始めに頂いたのは。

左→「きのとや」

右→「白い恋人」

のソフトクリーム。

 

 



               

 

 





生クリームそのものをソフトクリームにしたような。

ミルクの濃厚さが素晴らしかったのが、きのとやさん。

白い恋人さんは、ほんのりホワイトチョコの風味のする。

それでいて、さっぱりした味のソフトクリームだったわ〜。




札幌に着いて。

北海道といえば…の

「六花亭」さん本店へ。




                 




こちらには。

六花亭スイーツが頂ける。

カフェがあるんですよ〜☆

これは行くしかないわよね〜!!



席に案内されると。

お馴染みの可愛いお花柄が。
 

 

 




                 




六花亭といえば。

この可愛らしいお花の包装紙よね〜。

それが、なんとクッションカバーに★

これは欲しいかも…。



こちらで頂いたのは。

これまたお馴染みの。

レーズンバターサンドクッキーのアイスバージョン↓

 

 



                 




美味しさはそのままに。

アイスクリームになっていることでサッパリとした後味だったわ〜。

そして。

こちらでももちろんソフトクリームを↓


 



                 




凍らされたイチゴの上に。

まるで練乳のような濃厚なソフトクリームがたっぷり乗ったパフェ。

目が飛び出るかと思うくらい美味しかった…!!


M氏はイチゴのミルフィーユ↓

 

 



                 




これまた、サクサクぺろりと平らげていたわ〜。

1回のショップでは。

うはうはとお買い物を楽しませていただきました☆




最終日には。

ちょいと小樽まで足を伸ばしてきましたよ。

 

 



                 




10月とは思えないほどの寒さに。

ちょいと震えながらも。

小樽運河にいるだけで。

なんだかロマンティックな気持ちになれました。



こちらでも。

もちろんお目当てのスイーツを頂きに…☆

チーズケーキで有名な。

「Le TAO」本店へ。



LeTAO=ルタオ=おたる?

ってことに気付いた。

トラミ2016年の秋。(←どーでもいい(笑))


 

 

 

 

2階のカフェは。

シンプルながらも。

少しレトロな懐かしい雰囲気↓





               




こちらでは。

ドゥーブルフロマージュ3種類のプレートをオーダー。


 

 



               




手前から。

ショコラドゥーブル。

ヴェネチアランデブー。

ドゥーブルフロマージュ。



どれもこれも。

「ホールでいける!!!」

ってくらい美味しいんだけど。

トラミもM氏も。

チーズの味をしっかり堪能できた。

ヴェネチアランデブーに軍配をあげました。
 

 

 

 

 




2泊3日の短い旅で。

しかも。

ライブに行くという目的があったため。

観光はあんまりできなかったのだけど。

これでもか!ってくらい。

美味しい物を食べまくったので。

それはそれで大満足☆




今度はもう少しゆっくりと。

北の国を巡りたいなぁ、




 

 



★おまけ★


小樽は。

素敵なガラス工房が。

たくさん軒を連ねていました。


本当は。

トラミの愛する映画。

「Love letter」

のロケ地にも行きたかったのだけど。

時間的に無理だったわ〜。


藤井くんのおうちがなかったときの。

ヒロコちゃんの台詞。


「ここに送ったんだね。最初の手紙。」


が忘れられない。



小樽の思い出に。

何か欲しいなぁと思って。

見つけたガラス細工↓




               





本物の歯のように愛らしくて。

ついつい買ってしまったわ〜(笑)

 

 

 


                     
にほんブログ村

 

 

 

 

 

初めて挑んだ札幌でのライブ。

 

かれこれ23年以上好きでいるけれど。

 

人生史上。

 

最も近くで見れたライブ。

 

何度も何度もずっと見つめてきたはずなのに。

 

わけのわからない感動と感情が溢れて。

 

涙が止まらなかった。

 

圧倒されて。

 

やっぱりオーラってあるんかもな…と。

 

改めて実感させられた2日間でした。

 

 

 

 

 

星の王子さま。

2016.10.06 | 22:39

 


                    





わが家のお風呂モニターに。

「警告」とやらの怖い文字が出始めて。

お風呂のお湯を沸かしてくれないので。

エコキュート本体のリセットボタンを押して。

なんとか凌いではいたのだけど。

一向に直る気配がない。



さらに。

エコキュートから伸びているホース?からも。

水が噴き出ているではないですか!!

急いで水道屋さんに電話して。

エコキュートに電話して。

取り急ぎ修理してもらうことに。



おうちが建ってから、はや5年。

でも、まだ5年ですよ?

劣化だとしたら、ちょいと早過ぎやしませんか…?

エコキュートの人も。

大体10年くらいはもつんですけどね…って、言ってたよ?

なんだかんだで4〜5万はかかったよ…。

おうちを維持するって。

大変なことよねぇ。

修理のことも考えて暮らしていかなきゃね。


しみじみ。




 

 

 





さて。

お次は。

こんな立派なお城のようなところにやってきましたよ〜☆






           




 

 

 

 

立派な門構えのこちらの建物は。

「星の王子さまミュージアム☆」





                 

 

 






アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ著書の。

有名な物語。

トラミが小学生の頃に出会った。

大好きな大切な本です。

そんなリトルプリンスのミュージアムがあったなんて。

相方くんに教えてもらうまで全然知らなかったわ〜。



立派な門を抜けると。

星の上に立っている王子さまのオブジェが↓





                 

 





エントランスからしてそうだけど。

王子さまの名に恥じない。

素敵な建物とオブジェが沢山で。

もう、入る前から。

トラミの鼻息の荒いこと……=3





                   

 

 

 

 

 





可愛らしいエントランスを抜けると…。

こんな風景に出会えました〜↓




                   

 

 

 

 





ど、どこなの?

もしかして不思議の国に迷い込んだ?




                  

 

 






相方くんも迷子になってるよ?




              

 

 

 

 

 

 

 





なーんて。

いい歳して、物語の世界に浸っちゃうトラミ。

でも、この世界観。

ほんとに素敵やねんもーーん!!




                   

 

 

 






不思議なお庭を通って。

フランス風の建物の中庭を抜けると。

今度はこんな街並みが…!!!





               

 

 






う、嘘でしょ?

もう、こんなん外国ですやん。

こんなん、絵本の中に迷い込んだって勘違いしても。

しょうがないですやん。





                 

 

 

 






「ドキドキとワクワクが止まらないんですけどーーーー!!!」


って、叫びながら散策する。(←実話)

写真を撮りまくって。

相方くんに呆れられる。

…の流れ(笑)





               

 

 






素敵なショップを囲むお庭には。

こっそりと。

物語の登場人物たちが隠れていたわ〜。





               権力を振りかざす王様。
               

 

 





                    赤黒の実業屋。
                    

 

 





                   星を輝かせる点燈夫。
                   

 

 






                   情報ばかりを集める地理学者。
                   

 

 

 

 

 

 




王子さまが訪れた。

いくつかの星で出会った住人たち。

作者のジュペリが、実際に出会った人たちが。

モチーフとなっているのだとか。




お庭側から撮った写真は。

サンマルタン運河のある。

パリ10区のような風景だったわ〜↓




                   

 

 





20代の頃は、何度もパリを訪れたけれど。

最近また行きたくなってるなぁ…。

相方くん…一緒に行ってくれないかなぁ…。


絶対に嫌がるやろうなぁ…。(←相方氏は飛行機が嫌い。)




ミュージアムの中には。

ジュペリの生い立ちや歴史に始まり。



             
                 




星の王子さまの物語に関する。

オブジェや展示物。

ちょっとしたアトラクションなどがあって。

ファンにはたまらない内容かも☆




その中でも。

ひときわ輝くのは。

一輪のバラ↓


 

 

 


                 

 

 



「B-612のバラの花」



王子さまの小さな星に咲いた。

オシャレで高慢でわがままなバラ。

このバラは。

ジュペリの妻コンスエロの擬人化だと言われています。


「きみのバラをかけがえのないものにしたのは、

きみが、バラのために費やした時間だったんだ」


そういって教えてくれたキツネの言葉が。

心に残ります。




ミュージアムを出ると。

裏のお庭がこれまた可愛いんだわ=3




                

 

 




これぞ。

今度こそ。

不思議の国のトラミやないの!!

トランプ兵が追いかけてくるぅ〜!!

助けて〜!!(←楽しい。)





                  



ほんとに楽しめるわ〜。

このミュージアム〜。


レストランの入り口には。

こんなに愛らしいオブジェが↓
 

 

 



                  

 

 

 




星のかけらを炒めとるがな…。

可愛すぎて泣くわ…。


こちらのレストランでは。

もちろん星の王子さまにちなんだメニューが頂けるのだけれど。

ミュージアムに夢中になり過ぎて。

閉店時間ぎりぎりになってしまったため。

食べる時間がなかった…っていう…。





                

 

 

 






なんとも残念すぎる。

トラミと相方くん…。(←ほぼトラミのせいとも言える。)





                 





星の王子さまを知るうえで。

ベタ中のベタだけど。

トラミはやっぱりあの言葉が今でも忘れられない。



「いちばんたいせつなことは、目に見えない。」



とっても深い。

そして「真実」だ。

と、トラミは思う。

目に見えないものを。

心から信じることができたなら。

何事にも揺るがず。

心豊かに。

きっと強く生きていくことができると思う。



想像すること。

信じること。

考えること。

心で感じること。



いい歳して…だとか。

子供じゃないんだから…とか。

そんな言葉は使わないで生きていたいなぁと思う。




「星の王子さま」の中には。


それこそ。

きらきら輝く星のかけらのように。

素敵な言葉が。

こぼれるほどに散りばめられている気がする。

それを体感できる。

本当に素敵なミュージアムでした。





 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




★おまけ★


トラミと相方くんが。

二人して大好きなのが。

この「ゾウをのみこんだウワバミ」↓





                     



シュールで。

それでいてどこか愛らしい。

ショップでこれを見つけたときは。

思わず飛びついて買ってしまったわ…(笑)↓


 

 

 

 



                  

 

 

 

 

 





ゾウを飲み込むウワバミって…。

一体どれほどの大きさ……?





                





飛行士だったサン=テグジュペリ。

こんなにも素敵な本を残した彼は。

空を飛んでいたとき。

本当に。

王子さまに会ったことがあるのかもしれないなぁ。

と、思わずにはいられないのです。
 

 

 

 

 


                      
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

憧れの富士屋ホテル(3)

2016.10.02 | 00:04

 

 



                          



 

 

あっという間に10月ですね〜。

 


肌寒くなったり。

 


まだまだ暑かったりで。

 


洋服選びに迷う季節…。

 

 




秋の夜長を楽しむ、というよりは。

涼しくなった途端。

眠くて眠くて仕方がない。

トラミ夫婦ったら。

布団に入った途端。

のび太並みの瞬間的早さで寝ています。

 

 


おかげで。

今読んでる本が全然進みません…。


困った…。




 

 

 





旅日記をだらだらと書いていますが。

トラミの旅の記録としてですので。

すみませ〜ん。




富士屋ホテルの素敵なお部屋で。

ぐっすりと眠り。

朝食を頂くためにメインダイニングへやってきました。





                  

 

 




天井から足元まで。

様々な彫刻が施されていて。

和の物から。

エスニックな物まで。

本当に多種多様。


天井はお寺のような格天井↓




              

 

 

 






636種類の異なる高山植物と。

507羽の野鳥。

238羽の蝶が描かれているのだとか。


そんなんわかったら。

天井見るだけでも1日かかりますやん!!(゜Д゜)





テーブルは。

朝食と思えないセッティング↓




              

 

 

 





ダイニングの大きな窓からは。

お庭が望めます〜。




              

 

 

 

 

 





メニュー。

どれにしようかな…。



                  

 

 




ドリンクは。

卵入りのオレンジジュース、っていうのにしてみた!!




                  

 

 

 

 




一見不思議な組み合わせに思えたけど。

オレンジの酸味がまろやかになって。

トラミはすっごく好きな味だったわ〜☆




トラミと相方くんは。

ほぼ初めてと言ってもよい。

オートミールってやつを頂いてみましたっ!↓






                  

 

 

 





雑穀のお粥?みたいな感じ?

少しお砂糖を入れると。

穀物の味が一層感じられて。

これまたなかなか気に入りました☆

おうちでも作ってみようかな?




高貴そうな入れ物に入っているバターは。




                  

 

 





焼立てのクロワッサンと食パンと共に。

お代わりしながら堪能いたしました〜。




                    

 

 

 





これまた素敵な入れ物に入っていたのは。

ブルーベリーとラズベリーのジャム。



                   

 

 

 




フルーツの食感が残るジャムは。

手をかけて作られた。

優しい味がしたわ〜。





メインは。

トラミは「蟹オムレツクリームソース」↓




                   

 

 

 




相方くんは「ポーチドエッグ富士屋風」↓




                   

 





フルーツとヨーグルトには。

箱根で採れたフルーティーなハチミツが付いていました。





                   

 

 

 

 






ビュッフェ形式で。

和洋折衷、色々な物が食べられる朝食も大好きだけど。

夕食顔負けの。

こんな素敵なbreakfastには、やっぱり憧れる。



食事をする場所と雰囲気は。

味さえも変えてしまう気がします。



最高の朝食でした。




 

 

 

 

 

     


★おまけ★



富士屋ホテルをあとにして。

謎の山道をぐんぐんと登っていく相方氏。


霧雨の降る山の頂上に到着すると。

キレイな紫陽花。




                   

 

 

 

 




そして奥には。

阿弥陀寺がありました。




               

 

 






時期がずれていたせいか。

霧雨の天候のせいか。

トラミたち以外には誰もおらず。

静かなお参りができました。


こちらでは。

鐘ではなく。

車輪の周りに大きな数珠が付いている。

「転法輪」という物を回してお参りをするのだそう。






             

 

 

 

 

 

 

 






住職さんも。

お茶を出して下さった女性も。

とっても親切にして下さり。

静かに降り注ぐ雨の音を聞きながら。

ちょっと別世界に迷い込んだようだったわ…。





                   




歴史探偵の相方くんによると。


こちらのお寺には。

皇女和宮様の。

「あるもの」が。

祀られているそうです。



ちょっと怖いので。

知らない方がよいかも……。

 

 


                     
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

憧れの富士屋ホテル(2)

2016.09.20 | 21:43

 

 


                        



今日は関西は。

とんでもない雨と風で。

台風直撃!!!

と、かなり用心して。

久々に予約していたエステもキャンセルしたのだけど。



……肩すかし?な感じだったわ…。

被害がほとんどなかったのは。

もちろんホッとしたんだけど。

せっかくのお休みだったので。

色々と予定あったのになぁ……。



これまた。

お休みだった相方くんと二人で。

外の大雨を見ながら。

3時間もお昼寝してしまった……。


もったいないわぁ……。






 

 

 

 

 

 

 





富士屋ホテルさんの宿泊編。



トラミ夫婦が案内されたのは。

本館の西洋館のお部屋。

こんなにも素敵な赤い絨毯の階段を上って。




               





この階段柵のレトロさにうっとり……。

お部屋の前の廊下もこんな感じ↓
 

 

 

 


                    

 

 

 

 





明治村で見てきた。

たくさんの明治の建物たち。

まるで、その中に泊まれる気分。



お部屋の扉を開けると……↓




               

 

 

 

 

 

 






贅沢に造られた。

高過ぎる天井と。

高貴なソファセット。

それでも。

窓枠を飾るのは障子、と。

絶妙なバランスのインテリア。




               

 

 

 

 





お部屋の一番奥には。

大きな窓が二つ。

高い天井を生かしていて。

背の高い外国のお客様仕様なんだろうなぁ。




                    

 

 

 

 

 

 





ベッドに寝転んでみたところ。

お部屋自体も広く。

天井も高いので。

正直言うと。

庶民のトラミはあまり落ち着かない感じよ〜(笑)

いつもはもっと。

こじんまりとしたとこで寝てるもんなぁ〜。





                    

 

 

 

 




でも。

せっかくの素敵ホテル。

ちょっとだけ。

リッチな気分になりきらなくてはな!!(笑)

と、言い聞かせてみた。




                    

 

 

 

 

 

 





お部屋からは。

箱根の山の緑が見えます。

ぱらぱらと降っていた雨さえも。

どこかドラマチック。



                   

 

 

 

 





本館の地下には。

こんな趣のある大浴場があったのだけど↓




                   

 

 

 

 

 

 





お部屋に。

胸キュンなバスルームがあったので。

行かなかったわ〜。




                    

 

 

 

 

 

 




女子なら。

誰もが一度は憧れるはずの。

猫足のバスタブ!!!




               

 

 

 

 

 

 





トラミ。

初体験だったわ〜!!!

かわいい〜。

おうちに欲しい〜。

でも、お手入れ大変そう〜(笑)



そんなトラミよりも。

お風呂が大好きな相方くんは。

この猫足のお風呂に2〜3回も。

お湯を溜めて入っていたわ…。

オトメンめ……。

(トラミは1回だけ〜。)






こんな素敵なお部屋で。

一週間も過ごしたなら。

プリティーウーマンのように。

価値観や世界観さえも。

変えることができるのかしら〜?




               

 

 

 

 

 





うちのリチャード・ギアは。

あんなにもダンディーじゃないから無理か〜(笑)





               

 

 

 

 

 





でも。

こんなにも素晴らしい建物を。

130年前から。

今もなお現存させ。

ホテルとして営業して下さっていることが。

本当に素晴らしいと思う。



本当の意味での。

タイムトリップだなぁと思う。







★おまけ★


雨と風が吹きすさぶお庭。

そして。

ウッドデッキを眺めていたら。


園芸部長が大事にしていた。

ミモザが折れている……。


大雨の中。


「うわぁぁぁぁん…(>Д<)!!」


と泣きそうになりながら。

部長が救出へ。

完全にぽっきりと折れていたので。

復活は不可能でした……。



てなわけで。

ダイニングへお引っ越し。





 

 

 

 

 

 

 

                  





うーむ。

なかなかのボリュームだわ〜(笑)


近いうちに。

ミモザちゃん用の。

素敵な花器を探してあげようかなぁ。




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


                      
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

憧れの富士屋ホテル(1)

2016.09.18 | 20:36



                       


 

 

今日は久々にぐうたら生活。

 


夫婦揃って布団から出ず。

 


のんびり10時まで寝てしまったわ…。

 


最近秋になりつつあるのか。

 


寝心地が良くって。

 


眠くて仕方ない。


起きて。

お風呂に入って。

あがったら。

相方くんがごはんの用意してくれてたよ!!!

こここここここわい〜〜!!!

そんなんしたことないやん?

そんなんしたら、そら大雨降るやん?(←今外は大雨。)



でも。

誰かが用意してくれるごはんって。

美味しいよね〜☆☆



そんな小さなことで。

とんでもなく幸せな気持ちになる休日。







 

 




湘南から移動して。

生まれて初めての箱根にやってきました。

今夜のお宿はこちら。





                  




トラミと相方くん憧れの。

「富士屋ホテル」でございます!!!

 

 

 



130年前。

明治11年に開業したという。

趣ある老舗ホテル。

その出で立ちは。

まるで時代を飛び越えたかのようです。





              




和の要素もある庭園や外灯。

 





                      

 

 

 




眼下に広がるお山には。

「みやのした」の灯りが…↓




                 

 





「外国人を対象としたホテル作りを目指した」

という富士屋ホテル。

その敷地は広大で。

本館の洋風な建物だけかと思ったら。

こんなオリエンタルな建物も↓





                 




まるで。

「千と千尋の神隠し」に出てくるお湯屋みたいね〜。



本館の入口は。

西洋館でありながら。

やっぱり和のテイストも入っている。

こんな雰囲気↓


 

 

 

 



                   

 

 

 

 

 

 




入口の装飾には。

純白の鳳凰がいます。



                 




七色の鳳凰も素敵だけれど。

真っ白な鳳凰は、より一層高貴に見えるような気がするわ〜。



 

 

 

建物は横に長く続いていて。

こんな明治っぽさたっぷりの入口があったり↓





                   

 

 





レトロなサンルームが造られています〜↓





                 





サンルームの中に入ると。

見たまま、そのまま。

「和洋折衷」

を絵に描いたような雰囲気!!↓





              




竜宮城のような。

赤く立派な階段と。
 

 



                      




ピカソ美術館を思わせるような。

白と黒のモダンな床模様。

 

 

 

 

 


もはや合いそうにもないものを。

こんなにも素敵に融合しているところが。

富士屋ホテルさんの歴史と土台の成す技よね〜。



フロントは。

これまた雰囲気も変わりまして。

こんな感じ↓




                  




使い込まれた。

ヘリンボーンのフローリングが。


「すでに130年前に!!?」


と思うと。

その本格さと最先端ぶりを物語っているわよね〜=3

 

 

 






                     
 

 

 



ただ西洋を模しただけではなく。

日本の良い物も取り入れて。

どっしりとした風格に仕上げているのも。

これまたさすが、という感じ。



                  

 

 

 





地下に降りると。

こんな立派なステンドグラスの扉を発見。




                    

 





中は、なんと教会だったわ〜。

こんな素敵な場所で結婚式を挙げれたら。

一生の思い出になりそうよね〜。



                    




打ち合わせに来ていたカップルがいて。

ちょっと羨ましい気持ちになったわ〜。

 

 

 




富士屋ホテルには。

昭和天皇皇后両陛下をはじめ。

世界の名立たるVIPたちが宿泊されたのだとか。

地下には。

その資料館もあって。

ただの「ホテル」ではなく。

その存在自体が博物館のようなものなのかも。

チャップリンにもびっくりしたけど。

ヘレン・ケラーも来られたって事実には。

心底たまげてしまった…!!

なんか、実在してたんやなぁ〜って(笑)



1階のラウンジの1席には。

こんなカードが添えられていました↓





                   

 

 

 





ジョンとヨーコさん。

箱根にもよく来られていたのね〜。

このお席でコーヒーを飲んだら。

ちょっと時代を遡った気分になれるかも☆





                        

 

 

 





外観とフロントだけでも。

充分楽しめる富士屋ホテルさん。




                 

 

 

 

 

 

 





今夜は。

ここで泊まれるんだよ〜?

ああ興奮して眠れないかも〜!!!



・・・というわけで続きます(笑)





 

 



★おまけ★
 

 

 

最近。

 


あご周りに吹き出物が出てしまい。

お肌の調子がいまいちなトラミ。


今使っている洗顔石鹸がなくなりそうなので。

新しい石鹸を買うことに。


大好きなお店。


「MARKS & WEB」


で、ラベンダーのクレイ石鹸を買ってみました。





 

 

 

 

 

 

 

               




クレイ石鹸なので。

汚れの吸着力が良いような気がする。


そんでもって。

ラベンダーの香りがたまりません。

天然のハーブの香りって。

ほんとに癒されるなぁ…と思う。


MARKS & WEB さんには。

すんごいたくさんの種類の石鹸があるので。

全部試してみたいなぁ〜。

 

 




★使いたい石鹸がいっぱい↓★
https://store.marksandweb.com/products/list.php?category_id=1






                     
にほんブログ村

ネコと江の島。

2016.09.10 | 16:48



                        

 

 

 



今日は。

トラミ夫婦。

お昼から焼き肉をがっつり食べてきましたよ!


二人とも焼き肉を食べに行くのは。

1年いや…2年ぶり?くらいか?

ってほど久しぶり。

結構うきうきして行ったというのに。

我々二人の食べられなさよ…。


「こんなにも貧弱な胃袋やったかね?!」


と、自分に腹が立つくらい。

ほんと食べなかったわぁ〜。

(↑それでも、普通の女子よりは絶対にいっぱい食べてるくせに。)


胃袋と年齢はやはり関係があると見た。

焼き肉から遠ざかり。

もっぱらうどんとかばっかり食べてるもんなぁ…。

もはやパスタでさえも。

ちょっとしんどいとき…あるもんなんぁ…。

まだまだ30代ですが。

やばい二人です……(笑)




         

 

 


鎌倉からすこーし移動しまして。

初めてやってきました。

江の島〜!!!!





           




サザンの歌が聞こえてくるぅ〜♪(←ベタ。)

この日は奇遇なことに。

鎌倉の花火大会の日だったようで。

浴衣姿の人ばかり。

えらい人の量に、ちょっぴりげんなり気味のトラミたち。

江の島の山の上?にある。

江ノ島神社まで足を伸ばしました。

もうね。

無理せずに「エスカー」乗っちゃったわよ。

350円くらい出すわよ出すわよ。



そして。

それでもやっぱり疲れ果てて。

頂上にあった「iL CHIANTI CAFE」で休憩することに。

ここまで登ってきた甲斐はあって。

この眺め☆↓



 

 

 

 

 



                 




まさに江ノ島よね〜。

海で泳ぐほどアクティブなことは。

なかなかできないけど。

海を眺めるのはやっぱりいいもんです=3

心が広くなる気がするものね。

 

 

 



                 

 

 





道すがら。

観光客の存在に見向きもしない。

どん、と構えたネコたちがいっぱいいましたよ〜。





                 

 





少し早めの夕食は。

江ノ島の磯料理のお店 「きむら」 さんへ。

地元の人が通うような。

かなり渋いお店なのですが。

海の幸に目のないトラミ夫婦は。


「ここは間違いない!!」


と目をつけ。

やってきたのでした。

わかめの酢ぬたとか。





                 





コリコリと新鮮なお刺身盛り。

ゴリパラで言うところの343。

(↑夫婦でゴリパラ好き☆)

 

 

 



                 

 

 




でかすぎる焼き蛤と。

焼きさざえ。



                 




ハマグリの貝の上に盛られた。

生しらす。


 

                    




あかん…。

これ書いてるだけでヨダレが……。

焼き肉の100倍好きだわ〜!!!(←もう二度と焼き肉行くな。)

オシャレな食事ももちろん大好きですが。

こういう地元でしか食べれない御馳走は。

やっぱり特別に美味しい!



そして。

お魚いっぱいの環境だからか。

お店の周りにも。

ネコ’sがあちらにもこちらにもいらっしゃいました〜。


 

 



                 

 

 




たぶんね。

トラミが思うに…よ?

その辺の、我々人間よりも。

絶対にええもん食べさせてもらってると思う!!!





                 

 

 




みんなまるまるとしてるし。

警戒心ゼロで。

まぁ〜よく寝てたもの〜。



                 

 

 





わが家のネコ、とらみたんは。

キャットフードしか食べないけど。

やっぱりお魚とか。

食べ出したら美味しいんだろうねぇ。




                 




お社の上にも。

同化ネコ↓
 

 

 



                 



美味しい物と。

ネコたちに囲まれて。


 

 


                 

 





色気ゼロの。

江ノ島を満喫したのでした(笑)



※地味な写真ばかりで申し訳ありませぬ…。




        

 

 

 

 



★おまけ★


鎌倉の極楽寺周辺をうろうろしていたら。

「Shironeko」

という。

これまたネコ好きを呼び寄せるかのような。

素敵な古民家の雑貨屋さんを発見。

中には。

ネコ好きヨダレ物の雑貨がたくさん〜!!


その中で。

迷い迷って買ったのがこちらの大きめのお鉢↓





               




白のベースに黒のひょうたん。

これがまた愛らしかったのよね〜。

こちらの器は。

要 美紀さんという作家さんの物。

可愛すぎる食器たちに。

目がハートになっちゃいました。

こちらのお鉢の裏には。

こんな子がこっそり……↓


 

 

 



               






Shironeko というお店で。

ネコに見つからなければ良いけど〜(笑)

 




こちらの看板ネコさんが。

白ネコのしろちゃん↓

 




               




白い籐の椅子に座って。

これまたたまらなく可愛かった……=3
 

 

 



鎌倉と江ノ島は。

ネコ好きにとってもたまらん場所のようです。



http://www.shiro-neko.jp/

http://kanamekobo.exblog.jp/
 

 

 



                     
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

鎌倉でドラマ気分。

2016.09.06 | 23:47

 


                           


 

毎日仕事してると。
 

 

嫌なことって色々とあるけれど。

 


昨日は、ひっさびさにやられたなぁ〜=3
 

 


最近は凹むこととか。

 


腹が立つようなこともほとんどなく。

 


平和に働いていたもので。

 


緊張感が足りなかったのやもしれぬ・・・。

 


・・・と、自分に言い聞かせている。

 

 

 



ほっぺた叩いて。

 


気合入れ直そ=3

 

 

 

 

 









次の日は。

大好きな場所「鎌倉」へお邪魔してきました。


 

 

 

 

 


                   





車で移動していたもので。

駐車場に車を停めてからうろうろしてたんだけど。

基本料金が2000円!!!

田舎に住んでるトラミ夫婦にとっては。

目が飛び出るかと思ったわ!!!

観光地はやっぱりすごいわね〜。

電車で行くべきね〜。



鎌倉のお野菜市場へ。



 

 

 



             





珍しいお野菜がいっぱい並んでいて。

買って帰りたかったけど。

夏の旅行はそれが無理なので残念・・・。

 

 


このナスビも美味しそう・・・↓




                   

 

 

 





お馴染みの。

鎌倉の小町通りをさらりと散策。

色々なソフトクリームがあるので。

ソフトクリーム好きなトラミとしては。

目を奪われまくりだったのですが。

こちらのチョコレートのお店に行ってみたわ〜。




                   

 





「cacao」さんは。

コロンビアの上質なカカオを使っている。

チョコレートスイーツの専門店のようです☆

エクレアやタルトも気になる・・・。




                    




トラミと相方くんが選んだのは。

こちらのアイスチョコドリンク。

ホワイトチョコ&イチゴのドリンクにしました。



 

 

 

 

                   





見た目はそこまでインパクトはないけれど。

ひと口目のチョコレート感が半端なかった!!

脳内をチョコレートが一周した感じよ〜(笑)


GODIVAとはまた違う美味しさがあったわ〜。




そして。

今回の鎌倉散策のメインは。

こちら!!





                   




「極楽寺」周辺を散策します〜☆

極楽寺は。

たくさんのドラマや映画の舞台になっている場所。

ミーハー野郎のトラミは。

そのロケ地巡りをしたかったのであります!!
 

 





                  




この改札を見て。

「ぎゃーーーーー!!!!」

と、一気にテンションが上がったわ〜☆


原作が大好きで読んでいて。

映画化もされた「海街diary」

広瀬すずちゃんと長澤まさみさんが走ってたわね〜。



そんでもって。

なんといってもこのドラマ!!


 

 

 



                  




「最後から二番目の恋」


では、幾度となく出てきた改札。

キョンキョンと中井貴一さんが。

何度も何度もここで仕事帰りに鉢合わせしてたわよね〜。



この皆さんのサインを見て。

改めて「この場所やねんなぁ・・・」と。

胸がきゅんとしちゃったわ〜☆

 

 

 




駅から続くこの道も↓



             

 

 





電車が入っていくこのホームも↓




                   




どれもこれも。

前から来たことがあるかのように知っている風景。

メディアの力ってスゴイな〜。

 

 




そしてなんと言っても。

この場所↓





                   





長倉家の前にある踏切を見つけたときには。

トラミのテンションもピークに。

御料神社の目の前を。

本物の江ノ電が走っていて。


「この場所は、セットでもなんでもなかったんやなぁ〜。」


と、改めて感動☆

あのドラマでは一番出てきた場所だったのでは?

(長倉家と千明のおうちも見つけたのですが。

住んでいる方がおられるので自粛します〜。)




真平が営んでいる「カフェ・ナガクラ」

そのモデルとなったのが。

こちらのカフェ「坂の下」なんだとか↓

 

 

 

 

 







                   




鎌倉特有の地形というか。

街の造りというか。

小路や路地が入り組んでいて。

トラミと相方くんは。

迷いに迷って。

やっと見つけた!!という感じだったわ〜(笑)


 

 

 

 

お店の中はこんな感じ↓





             




趣のある古民家に。

いい感じに使い込まれた机や椅子が並んでいて。

何とも落ち着くカフェ。
 

 

 

 




                   




「ナガクラ」の雰囲気も。

そういえばこんな感じだったもんなぁ〜。

お庭のテラス席もあったあった!!

 

 

 

 

 



                   

 

 

 





色々と興奮し過ぎたため。

ランチを食べ損ねていたトラミ夫婦。

夕食の時間も考えて。

こちらではパンケーキを頂くことに↓



                    




パンケーキは、坂の下さんのメインメニューみたいよ〜☆

種類もいっぱいあって、迷ったなぁ〜。(←嬉しい。)


炎天下の中歩きまくったので。

ドリンクも爽やかに。

モヒート風のミントスカッシュ↓



 

 

 

                   

 

 

 

 





本当のことを言うと。

鎌倉には1週間くらいは。

ゆっくりと滞在してみたい。

素敵なお店やレストランはもちろん。

建物を見て歩くのも良い。





                    




何よりも。

「鎌倉」という場所の雰囲気を堪能したい。


いつかゆっくりと。

のんびりと。

過ごせる日がきたらいいなぁ・・・と思います。

 

 

 

 




・・・・・・楽しかったぁ…・・・。




 

 

 

 

  


★おまけ★


今朝は。

相方くんを玄関で見送ってから。

すぐに動き出して大掃除をしました。



掃除機をかけたあとに。

いつもはクイックルワイパーで。

サラリと拭くだけなんだけど。

今日は、しっかりと雑巾で拭いてみたわ〜。




本で読んで。

やってみたかったのが

ハッカオイルをバケツのお水に入れてみること↓





                





バケツのお水に数滴入れるだけで。

空気がミント色に。


雑巾がけをしていても。

ミントの香りがほんのりと薫るので。

とっても清々しい気持ちになって。

なんだか幸せな気分でお掃除ができました。

 

 

 

 



最近つくづくと。

「香り」の力の偉大さを感じています。






                    
にほんブログ村

木陰の武相荘。

2016.09.02 | 22:40

 



                                   

     



トラミ家のmain Bankが。

本体もATMも、近所に全然無いため。

2駅以上隣の駅まで行かなきゃならん、という。

毎月、誠にめんどくさい事態に。


なんとかならんものかと。

一念発起して。

近所の銀行で。

口座を開設してきました☆(←早くしろよ。)

思いの外カワイイ通帳だったので。

嬉しくて相方くんに見せたところ。

怪訝な顔で。


「そんな秘密口座作って・・・何企んでんの?」


と言われた・・・。

なんも企んでへんわい!!



こういう細かい家計の事務作業とかさ〜。

男はほんとわかってないよね〜!!

思っている以上にめんどくさいのにね〜。


 

 




相方くんのリクエストにて。

東京は町田市にあります。

「武相荘」へお邪魔してきました。




                




高台にあるとは思えない。

どっしりと落ち着きのある建物。

藁葺き屋根の素敵なこのおうちは。

1943年当時から。

ほとんどその姿を変えていないのだとか。



武相荘は。

白洲次郎氏が人生の半生を過ごされた場所。

吉田茂元首相の側近として。

日本国憲法の成立に深く関わった方です。


お父さんが建物道楽?だったそうで。

白洲さんご自身も。

ご自分が住むおうちには。

大変なこだわりを持っておられたそうよ〜。



入口には。

白洲さんが最初に乗っていた。

「ペイジ」というかわいいクラシックカーが置かれています。





                




そして。

入口の傍には。

こんなに愛らしい郵便ポスト&新聞受けが↓






                




「臼やがな!!」


と、思わず突っ込んでしまいましたが(笑)

白洲さんご自身の手作りで。

実際に使われていたそうよ!

めっちゃセンスいいな〜☆☆



白洲さんの本家は撮影できないので。

そのすぐ隣のレストラン&バーへ。

広いお庭には。

こんなテラスも↓




                




漆喰造りのレストランは。

町屋のような素敵な趣きがあって。

真夏だというのに。

木陰の中で涼しそう。



                




店内も。

和風だけど。

どこか洒落ている大人の雰囲気。




                      




アンティークなガラス戸がいいわ〜=3

つい立てには。

こんなステンドグラスたちが入っていました↓




 

                     

 

                 

 

 



白洲さんご夫婦が使われていた家具といい。

食器や着物といい。

戦後すぐとは思えないほど。

素敵過ぎる物ばかりに囲まれていて。

さすが。

若いときから海外を飛び回っていた方は違うなぁ〜と実感。

生まれも育ちも恵まれた環境で過ごされて。

色々な物を見る目も、知らず知らずのうちに肥やされていたんだろうなぁ。

 




                     





美味しそうなランチや。

アラカルトメニューがたくさんあったというのに。

ローストビーフでお腹がいっぱいだったトラミ夫婦。(←ブンダンカフェ参照。)


「もうちょっと少なめにしとくんやったぁぁぁ…。」


と、袖を噛む思いだったわ〜。



そんなわけで。

こちらでは甘味を。

 



                     




金箔入りの「水信玄餅」を頂きました。
 

 

口に入れると。

 


一瞬でお水のように溶けてしまうお菓子。

 


この武相荘で頂くには、ぴったりだった気がします。


 

 

 

 




               

 

 



あの時代に。
 

 

GHQの高官たちに。

 

 

 

「従順ならざる唯一の日本人」

 

 

 

と言わしめた白洲次郎さん。
 

 

今の時代にこそ。

日本にいて欲しかったなぁ・・・と思います。


 

 

 

相方くんに教えてもらった。
 

 

マッカーサーの、ある非礼に対してブチ切れた話が大好きです(笑)

白洲さん。

男前です。

 

 


 


              

 

 

 

 

 



★おまけ★


この日は逗子の「小坪海岸 凛花」さんに宿泊しました。

お刺身からお肉まで。

見た目も味も満足しまくりのお食事。




                  



朝ごはんも。

こんなにも盛り沢山☆↓



                    




アメニティーは全て無印良品。

シンプルで。

隠れ家のようで。

とっても素敵なお宿だったな〜。

 

 

 


                       
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

ブンダンカフェ。

2016.08.31 | 23:56



                        



先日までの真夏の夜の夢はどこへやら。

突然涼しくなって。

お庭からは。

鈴虫の合唱が聞こえる。

毎年「暑い・・・なんとかしてくれ・・・」

と、文句ばかりを言ってるくせに。

いざ、本当に涼しくなっちゃうと。

どうしようもなく。

寂しい気持ちになってしまうという。

めんどくさい女トラミ。




2016年の夏は。

もう終わりなのかな〜。

もうちょっとだけ。

夏が残ってたらいいな〜。




         


 

 

 

 


夏の旅行の2日目に。

トラミと相方くんはこちらへお邪魔してきました。





                   




目黒区駒場にあります。

日本近代文学館へ。




              




広い広い駒場公園の中?にあるのかな?

隣には、東大の駒場キャンパスも。

車を停めるところが見つからず。

何周もぐるぐる回って。

やっと入れたという(笑)

しかも関係者入口から・・・。

スタッフの方、どうもご迷惑をおかけしました・・・!!



こちらの文学館の膨大な蔵書にも。

もちろん興味津津なのだけど。

トラミたちの目的はこちら↓





                  





「BUNDAN COFFEE & BEER」に行くことでした〜。


本が大好きなオーナーさんの愛蔵書が。

なんと2万冊も置かれているというこのカフェ。

どの本も読み放題なのよ〜!!

読書好きには垂涎モノです〜!!



そんなに広くはない店内だけど。

とても居心地の良いテーブルや。

不揃いなイスやソファが置かれていて。

視覚的にも、触覚的にも素敵なお店。





                




これなら。

何時間でも・・・いや。

何日でも居れるかもな〜=3


落ち着いた雰囲気のなかで本を読めることは。

もちろん魅力満々なんだけど。

なんといっても。

こちらのカフェでは。

メニューがもうウハウハです☆




                    




名立たる作家さんたちの。

錚々たる小説の中に出てくるメニューを。

実際に食べることができるのです〜!!!


トラミが頼んだのは。

「寺田寅彦の牛乳コーヒー」




                    



寺田寅彦さんの随筆集 第4巻に収録されている。

「コーヒー哲学序説」には。

コーヒーへの思いと飲み方などが。

とくとくと語られている。



                    




ミルクに負けないコーヒーの香りが。

しっかりと味わえる牛乳コーヒーでした。



ちなみに相方くんは。

中上健次の「灰色のコカ・コーラ」を注文。

灰色でもなんでもない。

スタンダードなコーラだったけど(笑)



向かい合って本を読んでいるうちに。

ランチタイムに突入。

二人で同じメニューを注文。





               





片山廣子の「子猫ノハナシ」に出てくる。

ローストビーフをモチーフにしたごはん。


 

 

 



                 





食べ応えのあるしっかりとしたローストビーフがたっぷり。

下には酢めし。

かかっているのは酢みそ。

洋風かと思いきや。

和風でさっぱり。

カフェのごはんとは思えないほどの。

豪華さと味に深みがありました。



芥川龍之介の晩年の作品「或阿呆の一生」にも。

片山廣子さんをモデルにした女性が出ているのだとか。


こんな美味しいメニューをきっかけに。

どちらの作品も。

じっくりと読んでみたくなるわね〜。




 

 

 

 

 



                




旅先で。

じっくり読書・・・なんて。

ある意味贅沢な気もするけれど。

本好きとしては。

こんな幸せな場所に。

足を運ばない訳にはいきません。


近所に住んでいたなら。

毎週でも通いたいな・・・。




         

 



★おまけ★


先日、親友のM氏と。

またまた京都旅行に行ってきました。


すぐ近くに住んでるくせに。

京都に1泊するっていう。

毎年恒例の、ちょい贅沢なイベント。



久しぶりに。

大好きな「ぎをん小森」へ。




                




トラミが。

たぶん死ぬ時にも思い出すであろう。

人生における。

best of かき氷。




                     




甘夏みるくのかき氷。

京都の美味しいお水と。

丁寧に削られたふわふわの氷。

甘過ぎないみるくと。

ここでしか味わえないだろう、爽やかな甘夏の酸味と甘み。

これがもう・・・。

言葉にならないくらい美味しい。



相方くんにも。

死ぬまでに1回は食べてほしいと思っている。
 

 

 

 

 

                     

にほんブログ村