<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

2017.03.30 |

一定期間更新がないため広告を表示しています

おうちの6カ月点検。

2011.09.24 | 23:34
台風が去って。


季節は、すっかり秋模様。

涼しくて過ごしやすい気候を。

嬉しく思ってみたり。

ちょっとせつなく思ってみたり。


あぁ。


女心と秋の空。


とはよく言ったものね〜。



そんななか。

ハウスメーカーの担当Kさんから久々の電話が。


「おうちの6カ月点検に伺います〜。」


とのこと。



ほほーぅ。もうそんな時期になったのねぇ〜。

引っ越してきて、もう半年かぁ〜。

あっという間だったような。

もっと昔からここに住んでいたような。

不思議な気分だわ〜。




点検に来てくれたのは、担当のKさんと、現場担当のMさん。

細かいチェックリストをもとに。

おうちのひとつひとつを点検してくれました。


例えば…。
●床にきしみやたわみなどがないか。
●流しの下に水漏れはないか。
●天井、壁などにひび割れなどはないか。
●クローゼットのドアの開閉に不具合はないか・・・などなど。


たくさんの項目を点検して下さいました〜。












      





ちなみにこれは↑リビングドアの蝶番の部分を直してくれているところです。

なんかね。

トラミも全然気付かなかったんだけど。

蝶番のとこの釘?みたいなのがぴよ〜んと飛び出てたのよね〜。

すっかり直してもらったけどね〜。






                   




こちらは↑床下収納庫のチェックと。

そこからつながる床下の状況を点検中。



…床下収納庫…そういえばあったなぁ〜。

ストックしてるお醤油とか、ここに入れればいいわね〜。



なんて、こっそり考えたりしてたわ〜(´Д`)






                




こちらは↑


「おトイレの便座がよく歪むのは、どうにかならないの?」


という、トラミの質問により。

おトイレをチェック中。

TOTOさんにも電話をかけて、状況を確認してくれていたわ〜。


TOTOさんによると。

便座が動くのは、わざとそういう「遊び」の部分をつくっているからなんだって〜。

ふぅ〜ん。






               





おうちの外へ出まして。

下水、水道のチェックもしていただきました。

これも、チェック項目に入っているらしいわ〜。



その他、トラミから気になる点もひとつずつ点検してもらって。


●寝室のドアノブが回しにくい。
●子供部屋のドアノブがちょっとかたい。
●ベランダの塀部分のペンキが割れている。


などなど、細かい部分も修正していただきました。

かゆいところに手が届く感じで、とっても助かりました〜(^∀^)


ベランダに関しては、ちょっと手間がかかりそうなので。

別の日に、別部隊が到着して、修復してくれる予定デス。



おうちを買って。

何が大切かというと。

やっぱり、その後のメンテナンスじゃないかしら。


住んでいる間に、色々なものが壊れていくと思うけれど。

HMさんという、プロが見守っていてくれると思うと。

かなり安心できるわね〜。

大事に住まなきゃだわ〜。






       





雨の日にもかかわらず。

点検に来てくださったKさん、Mさん。

どうもありがとうございました〜。

Mさん、別の現場に行っても頑張ってくださいね☆

Kさん、新しい薔薇がまた咲きましたよ〜。

オープンハウス、見に行けなくて残念だったなぁ=3












     にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ     にほんブログ村 住まいブログへ     にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村

オープンハウスを見学してきました。

2010.10.04 | 01:51
今日は、あいにくの雨でしたが。

HM さんが手がけたおうちが完成した、とのことで。

オープンハウスの見学へ行ってきました!

モデルハウスを持たないHMさんにとっては、実際に建てたおうちこそが宝物☆

そして、これからおうちを建てる私にとっても、参考になることが山積みです!

これは行かない手はないでしょう(≧∀≦)

画像は、HMさんのHPからお借りしていますが、今日はこのおうちを見てきました。

(・・・画像がなぜかお借りできず消えてしまいました。ごめんなさい!!)

なんだか、すごく・・・アンティーク(☆д☆)

というか、「こ、これが新築ですか?!」というくらい、超シャビーなおうちでした。

建てられたのは、とても若いご夫婦ということですが。

とても渋い感じがしました。

玄関のドアも、アメリカでわざと傷をいっぱい付けてもらって、アンティーク感を出したんだとか。↓


IMG_0005567.jpg


実際に見ましたけど、「本当にこれが新品?!」って感じでした。

それから、玄関ポーチに使われていたレンガも、とてもアンティークで。

海外で探してこられたそうです↓


IMG_000438.jpg


ひとつひとつ味があって、色味も違うのでこれまた素敵でした。

施主さんの小物のセンスも、とても良くて勉強になりました。

印象的だったのが、ダイニングルーム。

古民家風で、居酒屋さんをイメージしたような和のお部屋になっていました。↓


IMG_0010789.jpg


あのドアを抜けると、リビングになっているんですが。

IMG_001758893.jpg


テイストが全然違って、面白かったですよ〜。

キッチンもカウンターになっているんですけど。

お店をイメージしているということで。

わざと行き来ができないようになっているんです☆

こだわっておられるなぁ〜と思いました。

トラミのおうちは、フレンチでナチュラルなイメージですので、今回のおうちとは少しテイストが違いますけれども。

2階のドアなんかは、トラミが選んだ物に近い感じがしました。↓





携帯で撮ったので、画像がイマイチですけど(汗)

やっぱり白いドアって、可愛いですよね☆

あと、面白いなぁと思ったのが、洗面所です。↓





2つも並んでいるうえに、まさに理科室のような洗面所!

これもまた、違う意味でかわいいなぁ〜と思いました。

小物の使い方、照明の選び方、ドアの実際のイメージなどなど。

本当に勉強になるオープンハウスでした。

また、他のおうちも機会があれば行きたいなぁ〜と思います!



にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ     にほんブログ村 住まいブログへ     にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村

ハウスメーカーさんとの契約。

2010.09.07 | 00:23
 先日、間取りも無事に決定しましたので。

とうとう、ハウスメーカーのMホームズさんと、本契約させていただくこととなりました。

本契約の契約書は、なんと、厚みが約3cmほどもあります!

い、一体何がこんなに・・・、と中身を確認すると。

どの工事にいくら。

どの材料にいくら。

どの運送費にいくら。

どの木にいくら・・・。

と、家づくりに関わるあらゆる費用が、事細かに記載されていたのです!

私の友人も、あるハウスメーカーで家を建てたのですが、こんな詳細は一切教えてくれなかったとのこと。

「家本体〇〇〇万円」どーん。

と書かれた、紙切れが一枚あったとか、なかったとか。

私は、もちろんおうち作りは初めてなので、何が正しいかなどはわかりませんが。

それでも、やっぱり何千万円という大金がどのように家づくりに遣われていくのかを、施主が知る権利はあると思うんです。

というか、知らなくてはいけない!と思います。

そういう意味では、とても納得のいく契約書だったのではないかと感じています。

うちは、夫婦のペアローンでペア契約。

いつでも、二人それぞれの署名と印鑑が必要になります。

今回も、うちの自宅まで来てくれたKさん。

契約書にサインをする私。

テレビで野球を見ながら、片手間にサインをする相方。

しかも、印鑑に関しては 「ついでに押しといて☆」と、私に頼む始末。

な、なんて適当なんだ!この人は!!

と呆れている私と相方に、「あの〜人生に1度の契約ですので、記念に印鑑押した方がいいですよぉ〜」と、Kさん。

その通りだぁ!!

そう言われて、相方も、なるほど〜と、自分で印鑑をぽんっ!と1つ押しました。

・・・そのあとは、結局私が押しましたけども!

Kさんのお話では、大きな契約に緊張し過ぎて、手が震えてサインを書けない施主さんや。

Kさんに印鑑を押すように頼む施主さんもおられるそうで・・・。

ですよね!本来そうあるべきですよね!!

軽すぎるよ。相方くん!

そんなこんなで、とりあえず無事に本契約となりました。

実感はまだ湧きませんが、いよいよという気がしています☆



にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ     にほんブログ村 住まいブログへ     にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村

ハウスメーカー選び<その5> 決定。

2010.08.27 | 23:46
 そして、3つ目に訪れたHMさんが 「Mホームズ」でした。

資料請求をした段階で、Mホームズの方からお電話をいただきました。

電話で、土地も探していることを伝えると。

次の日には、希望に沿った土地の情報を集めて、家のポストに入れてくれていたのです。

正直、「必死な営業マンさんやな〜」なんて、失礼な印象を初めは持っていたんですけど。

家づくりのコンセプトは、私の抱いているものとピッタリだったし。

「輸入住宅」という物が、どんな物かということにも興味があったので。

早速、一度説明を聞きに行くことに。

もちろん、私1人で行くことに対しても、歓迎してくれましたし。

電車で最寄り駅まで行った私を、わざわざ車でお迎えにまで来てくれたのです。

結構、理不尽な扱いを受けてきた私にとっては。

めっちゃ親切〜(≧д≦)!!

と感動の嵐でした。

ショールームには、可愛いキッチンを初め、輸入木材や、可愛い瓦、雑貨などが心地よく飾られてい

て、センスの良さをすごく感じました。

今まで施工した家の写真を見せてもらいながら。

どこをどんな風に作っているのか。

どんなところにこだわっているのかなど、細かく説明して下さり。

私の心は、一瞬にして奪われていったのです。

しかもしかも。

先日引渡しが終わって、施工主さんがお住まいになっているお家を、早速見せに連れて行ってくれる

というのです!!

それは絶対に「行きますっっ!!」に決まってますよね☆

また、そのお家が可愛いの素敵なの居心地いいのなんのその。

そのお家の奥様まで、可愛すぎて、目の保養になりまくりでしたがな。

さらにさらに。

今、施工中のお家の工事現場まで見せに連れて行ってくださって。

家づくり勉強中の私にとっては、スペシャルな1日となったわけです。

この段階では、まだあと2社くらいのHMを回るつもりでしたが。

「もうMホームズさんでいいやん。てか、絶対コレ以上のとこないって〜。」

と、私の心はほぼ決まってしまったのでした。

お家に対するこだわりはもちろん。

クライアントに対する心遣い。

家の素材や、木材に対する思い。

断熱材の選択方法。

デザインや、細かいディテールへの手間のかけ方。

それでも高い、コストパフォーマンス。

全てにおいて、完璧でした。

少なくとも、私にとっては。

Mホームズさんの、方向性が、私の考えと合っていたのも重要ですが。

結局は、今の担当の方との出会いが一番大きかったのかもしれません。

今後長いお付き合いになる担当さんですから。

如何に親切で、こちらの希望を汲んでくれる(くれようとする)担当さんであるかが大切だと思います。

担当のKさんとは、この日に出会ってから、まだ2ヶ月ほどですが。

今のところ、最高に良い方です。

この方と一緒に、最高の家づくりが出来たら。

私たち夫婦もとても幸せに思います。

こうして、ハウスメーカーが決定したのでした。




にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ     にほんブログ村 住まいブログへ     にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村

ハウスメーカー選び<その4>

2010.08.25 | 20:51
 2つめのハウスメーカーは。

これまた、兵庫の西の方にある、ABホームという会社。

ここは、少人数で経営されている会社で。

家のデザインやインテリアも、ご夫婦でされています。

パンフレットや資料などを送ってくれるサービスは行われていませんでしたので。

私が調べたのは、ネットと雑誌でした。

「兵庫の注文住宅」にもよく載っているので、有名な会社だと思います。

家の外観も、フレンチやシャビーな雰囲気がありながらもスッキリとしていて。

内装も、細かいところまで配慮されていて、とても素敵な家を建てておられます。

「デザインで選ぶなら、絶対にここ!!」

と思うくらい、結構惚れ込んでいました。

まずは、家に関するおおまかな説明や、わからないことなどを1度聞きに行こうと思い、ABホームへ電

話をかけたのですが・・・。


私「今度、そちらへお話を聞きにおうかがいしたいのですが。」

AB「はい。ぜひお越しください。平日で大丈夫ですか?」

私「はい。大丈夫です。ただ、車の運転ができないもので、電車でうかがいたいのですが、行き方を
  教えていただけますか?」

AB「・・・・。それは、奥様お1人で来られるということでしょうか?」

私「そうですけど・・・?主人は仕事ですので。」

AB「それでしたら、ご主人様もお越しいただけるときに、一緒にお越しください。」

私「・・・2人の休みがなかなか合わないもので、一度お話だけでも私が聞きに行きたいんですけど、
  ダメなんですか?」

AB「・・・・そうですね。家作りは、ご夫婦でされるものですから。どちらかお1人だとちょっと・・・。」


というような電話のやりとりになったのです。

これ、どう思いますか?

私、なんか変なこと言ってますかね?

夫婦で家づくりをするのは当たり前だし、そんなこと私もわかってます。

だけど、色々と情報収集する段階で、必ず2人揃ってないといけないっておかしくないですか?

これって、何回も同じ説明するのはめんどくさいってことなのか。

もしくは、奥さんだけで来られても話にならない、ってことなのか。

どっちにしても失礼な話だと思います。

初めからこの対応。

今後、長いお付き合いになるであろう会社の対応がこれでは、気持ちよく家作りはできそうにないと判断しました。

相方にも話をしたところ 「そんなとこやめとこ。」とあっさり。

そうしてABホームも脱落しました。

他の会社もこんな対応するんですかね?

何か体験談お持ちの方がおられましたら、教えてくださいね!


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ     にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ     にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

ハウスメーカー選び<その3>

2010.08.24 | 03:20
 1つめのハウスメーカーは、兵庫の西の方にある、O社。

天然素材を使っていて。

壁は漆喰。

ダブル断熱という手法をつかって、高気密・高断熱を実現している会社でした。

ここでは、毎月ファイナンシャルプランナーの方が、資金についてのセミナーを開かれていて。

ローンの勉強のためになると思い、私たち夫婦も参加しました。

セミナーの内容は、とても充実していて。

ファイナンシャルプランナーの方のお話もとても面白く、為になりました。

家からはちょっと遠かったんですけど、行って良かったと思います。

ここで、家づくりに関する担当になってくれたのは26歳くらいの男の方でした。

私たち夫婦がどのくらいのローンを組めるのかを知るために。

年収などを聞かれて、後日詳しい資料(源泉徴収票など)を持ってくるように言われました。

私たちも、自分たちがどの程度のローンを組めるのかわからなかったので、資料を用意することにし

たのです。

そして、その1週間後。

私の家のすぐ近くに、O社が建てたおうちがあって。

施工主の方が、住んでる様子を見せてくださるということで、見学に行くことになりました。

おうちの感じは、確かに木のぬくもりが感じられる、素敵なおうちでした。

ただ、全体のデザインとしては、少し物足りなさを感じたのは事実でした。

デザインや、細かいディテールに関して言えば、もう少しセンスが欲しいところでした。

(大したセンスを持っていない私が言うのは、おこがましいんですけどね。)

そして、そのあとのことです。

O社の方が、資金のことについての話を会社でしましょうと言ってこられました。

そこからO社まで、車で約1時間。

私たちの家までは、車で約5分程度。

源泉徴収票なども準備していましたし、できれば、うちで話したいと、申し出ました。

けれど、 「それはできません」と、却下されてしまったのです。

なぜかと尋ねると、「個人情報に関係する話ですので・・・」と繰り返すばかり。

それなら、うちの家の中で何の不都合があるのか?

と、結構ごねた結果 「じゃあ、もう今日はいいです。」と断ると。

「じゃあ、お宅でお話しましょう」と言い出す始末。

それなら、初めからうちで話せば良かったんじゃないの?!(怒)

って感じで、かなりムカついてしまったので。

この日はそのまま帰りました。

その後、何度も電話がかかってきましたが、もう出る気にはなりませんでした。

小さなことかもしれませんけど。

そういう小さな親切心?の積み重ねで、人って心が動かされたりすると思うんです。

共働きの私たち夫婦にとっては、少しの時間も大切。

決定したハウスメーカーの担当の方(Kさん)は、毎回うちまで設計図を持ってきてくれたり。

ローンに必要な書類を持ってきてくれたり。

わざわざ印鑑ひとつをもらいにきてくれたりしてくれます。

どの会社にするのかを決定するときに。

結局最後の決め手になるのって、そういう親切心やサービスなのかもしれません。

デザインが気に入らなかったこともあったんですけど。

そうしてO社は脱落していきました。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ     にほんブログ村 住まいブログへ     にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村

ハウスメーカー選び<その2>

2010.08.22 | 23:49
 ハウスメーカーの資料を請求するにあたって。

自分の中で条件を設けました。


‥形柿悩燹¬擇鮖箸辰寝箸任△襪海函(コンクリートや鉄骨の家は、私のなかでは問題外でした。)

高断熱、高気密の家であること。(せっかく新しい家を建てるのだから、少しでも気持ちよく過ごせ

 る空間作りをしたかったし、ランニングコストを抑える家にしたかった。)

そのメーカーが得意とする家のデザインが、ナチュラル・シャビー・フレンチなイメージに近いこと。

げ箸ら近い場所にあるハウスメーカーであること。(自分の会社の近くに建てる家を、手抜きするこ

 とは少ないと考えました。へんな噂が立ったら、会社にとっては命取りですから。)

コ以匹籠睚匹鮗振瑤砲靴討發蕕┐襪海函


以上のような条件のもと、資料請求を行った結果。

かなりの件数のHMさんから資料が届きました。

昔に比べると、ナチュラル思考のクライアントは多いのでしょうね。

無垢材を使用している会社は意外に多かったのですが。

ただ、使用しているだけなら、いくらでも宣伝できるわけです。

要は、その内容です。

資料請求をした中で、自分のイメージと違うなぁ・・・と思った会社は外していきました。

そうして絞り込んだ会社は、とうとう3件になりました。



にほんブログ村 住まいブログへ    にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ     にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

ハウスメーカー選び<その1>

2010.08.21 | 23:07

「家」というものに対して。

子どもの頃からかなり興味を持っていたことは以前もブログに書きました。

それが、年齢に伴って。

「家づくり」という形で、現実的なものとなったとき。

果たして、自分はどんな家を建てたいのか?

という疑問にぶちあたりました。

無心で、ただ見に行くことだけを楽しみに、モデルハウスの見学に行っていた頃と。

今の気持ちはまったく別のものになっていることを感じました。

もちろん、今回家づくりをするにあたって。

まず、家の構造や、素材、建築方法などについて勉強したことも影響していると思いますが。

モデルハウスを展示場に持っている、いわゆる大手のハウスメーカーさんに対しては。

全くと言っていいほど、興味がなくなっていたのです。

理由を挙げればキリがないのですが。

私にとっては 「なんだか息苦しい家」 という風にしか感じられなくなっていました。

多分、きちんとお金をかけて。

自分のしたいように素材を選んで・・・と話を進めれば、自分の想いに沿った家が建てられるのだと思

います。

でも、もし本当にそんなことをすれば、どれだけ莫大なお金がかかるのか・・・。

きっと手が届くことはないのだと思いました。

それなら、自分の希望とコンセプトに合った家づくりを、初めからしているハウスメーカーさんを選

べば、理想に近づけるんじゃないか、と考えました。

そうして、ネットや雑誌で情報収集と資料請求を片っ端から行っていったのでした。




にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ    にほんブログ村 住まいブログへ    にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村