<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< リネンのクロス。 | main | 猫シック。 >>

スポンサーサイト

2017.03.30 |

一定期間更新がないため広告を表示しています

ハウスメーカー選び<その3>

2010.08.24 | 03:20
 1つめのハウスメーカーは、兵庫の西の方にある、O社。

天然素材を使っていて。

壁は漆喰。

ダブル断熱という手法をつかって、高気密・高断熱を実現している会社でした。

ここでは、毎月ファイナンシャルプランナーの方が、資金についてのセミナーを開かれていて。

ローンの勉強のためになると思い、私たち夫婦も参加しました。

セミナーの内容は、とても充実していて。

ファイナンシャルプランナーの方のお話もとても面白く、為になりました。

家からはちょっと遠かったんですけど、行って良かったと思います。

ここで、家づくりに関する担当になってくれたのは26歳くらいの男の方でした。

私たち夫婦がどのくらいのローンを組めるのかを知るために。

年収などを聞かれて、後日詳しい資料(源泉徴収票など)を持ってくるように言われました。

私たちも、自分たちがどの程度のローンを組めるのかわからなかったので、資料を用意することにし

たのです。

そして、その1週間後。

私の家のすぐ近くに、O社が建てたおうちがあって。

施工主の方が、住んでる様子を見せてくださるということで、見学に行くことになりました。

おうちの感じは、確かに木のぬくもりが感じられる、素敵なおうちでした。

ただ、全体のデザインとしては、少し物足りなさを感じたのは事実でした。

デザインや、細かいディテールに関して言えば、もう少しセンスが欲しいところでした。

(大したセンスを持っていない私が言うのは、おこがましいんですけどね。)

そして、そのあとのことです。

O社の方が、資金のことについての話を会社でしましょうと言ってこられました。

そこからO社まで、車で約1時間。

私たちの家までは、車で約5分程度。

源泉徴収票なども準備していましたし、できれば、うちで話したいと、申し出ました。

けれど、 「それはできません」と、却下されてしまったのです。

なぜかと尋ねると、「個人情報に関係する話ですので・・・」と繰り返すばかり。

それなら、うちの家の中で何の不都合があるのか?

と、結構ごねた結果 「じゃあ、もう今日はいいです。」と断ると。

「じゃあ、お宅でお話しましょう」と言い出す始末。

それなら、初めからうちで話せば良かったんじゃないの?!(怒)

って感じで、かなりムカついてしまったので。

この日はそのまま帰りました。

その後、何度も電話がかかってきましたが、もう出る気にはなりませんでした。

小さなことかもしれませんけど。

そういう小さな親切心?の積み重ねで、人って心が動かされたりすると思うんです。

共働きの私たち夫婦にとっては、少しの時間も大切。

決定したハウスメーカーの担当の方(Kさん)は、毎回うちまで設計図を持ってきてくれたり。

ローンに必要な書類を持ってきてくれたり。

わざわざ印鑑ひとつをもらいにきてくれたりしてくれます。

どの会社にするのかを決定するときに。

結局最後の決め手になるのって、そういう親切心やサービスなのかもしれません。

デザインが気に入らなかったこともあったんですけど。

そうしてO社は脱落していきました。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ     にほんブログ村 住まいブログへ     にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

2017.03.30 |
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック