<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 間取りを考えてみる。 | main | 間取り決定!<1階> >>

スポンサーサイト

2017.03.30 |

一定期間更新がないため広告を表示しています

吹き抜けって必要?

2010.09.03 | 00:58
 第1回目の間取り図をもらってから。

おうちづくりが、いよいよ形になった気がして、嬉しくて、毎日眺めては頬が緩んでいました☆

そして、相方とも話し合いながら、間取りをもう一度見直してみました。

相方からの変更希望は、ガレージは1台分でいいから、お庭を広くしてほしい。

というものが挙がりました。

うちは、しがない貧乏夫婦。車は2台も要りません。

お客様が来ても、前の道路(公道)は6mもあり、車もめったに通らないので、ちょっとぐらい止めてても平気、ということらしい。

なるほど。言われてみればそうかも。

私は、玄関から入った横にシューズクロークが欲しいなぁと思いました。

でも、これを作るには、ダイニングキッチンを狭くしなくちゃいけないことがわかり、即あきらめました。

まぁ、大容量のシューズクローゼットがあるから、これは良しとする。

次に考えたのは、相方の書斎はあるけど、私だってwork roomが欲しいよね〜!ってことでした。

できれば、キッチンの横なんかに、ちょっと秘密部屋っぽく作れたら最高!と思いました。

でも、キッチンもリビングも狭くするのがイヤだった私・・・。

それなら、2階の書斎を広くして、相方と共同のworkスペースにしちゃおう!と考えました。

でも、そうすると、書斎横のウォークインクローゼットが狭くなるか、無くなるし・・・。

狭くしたくないからそのままで・・・となると、子供部屋が狭くなるし・・・。

とジレンマに襲われる私。

そこで、見直したのが。

そもそも・・・リビング上の吹き抜け・・・必要なのっ?!

ってことでした。

リビングは南東向きで、大きな窓も付いてます。

担当のKさんに確認しても 「あ〜吹き抜けはあってもなくても、明るさは変わらないほど明るいですよ〜」 との返事。

でもなぁ・・・。吹き抜けがあると、空間の広がりが出ると思うしなぁ。

なんか贅沢な気分が味わえる気がするし。

寝室から覗ける小窓も可愛いし。

と、心の葛藤が1週間くらい続きましたかねぇ〜。

Kさんにも何度も相談して、それでもなかなか決められなかったんですけど。

結局、迷い迷った挙句。

吹き抜けはやめることに決定しました。

●理由その1
吹き抜けがある際、室内の空気を巡回させるためのファンを付けなくてはならないが、そのファンの掃除が大変であるか、もしくは掃除ができないこと。

●その2
高気密・高断熱の家なので遮音性にも優れているが、室内環境においては、外界との遮音性程には高くなく、まして、リビングの吹き抜けから、寝室に伝わる音は大きいと判断したこと。

●その3
吹き抜け部分は、部屋にして4畳以上もあるが、その部分を床にしても、吹き抜けにしても、建築費用は変わらないということ。将来自分で床に変更することは可能だが、必要性を考えると、床にした方が賢明であると判断しました。

その分、2階が広くなるので、4畳程度の書斎を確保し。

さらに、ウォークインクローゼットも広くなるという素晴らしい仕組み☆

結局、Kさんの勧めもあって、日当たりが良い方を書斎にするために、吹き抜け部分がウォークインクローゼットに変身。

南向きの部屋が、夫婦二人の書斎となりました。

今でも、吹き抜けに未練があったりもしますが・・・。

これ以上はもう迷わないっ!!


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ     にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ     にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

2017.03.30 |
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック