<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< トラミ、甲子園へゆくの巻。 | main | aunt's day? >>

スポンサーサイト

2017.03.30 |

一定期間更新がないため広告を表示しています

ハーブの虫よけスプレー。

2013.05.22 | 21:42
 

                                               





みなさまお久しぶりです。

GW中。

ちょっと頑張って更新していたつもりで。

やる気マンマンだったのだけど。

連日勤務が続き。

心がぽっきりと折れ。


あっという間に。

こんなにも時間が経ってしまったわ・・・。



お庭もバラが満開を迎え。

いよいよ全盛期!!

というのに〜。

くぅぅ。



お庭の写真はいっぱい撮ってありますので。

整理するまで。

しばしお待ちを〜(笑)






      





やっと暖かくなってきて。

汗ばむ日も増えた今日このごろ。

うちの園芸部長も。

水やりに。

消毒に。

植え替えに。

お庭掃除に。


「忙しい忙しい〜☆(´∀`)☆」


と、嬉しい悲鳴をあげております〜。


コバエや蚊も姿を現し始めたため。

部長の庭仕事のお伴に。

今回は。

手作りの虫よけスプレーを。

作ってみることにしました〜。



レシピは。

前回と同じく。

ベニシアさんのハーブ便りからです〜。


作る、といっても。

今回は混ぜるだけ〜。(←お前いっつもやん。)

簡単ラクチーンなので。

まさにトラミ向き!!



まず用意したのがこちら〜↓







          






エチルアルコールです☆

水で50%とかに薄めてあるものも売っているそうだけど。

トラミはベニシアさんのレシピ通りの。

原液を買いました〜。

アルコールなので。

消毒や、お掃除にも使えるしね〜。



そんでもって。

精製水も↓







          







コンタクトレンズ用。

とか書いてあるのは、無視しちゃってくださいな〜(笑)


こちらの2つを。

半分ずつの割合で。

混ぜます〜。







    






つまり。

ここで、50%の濃度になるわけですね〜。


ベニシアさんは600嬖も作られていましたが。

トラミは、合わせて1カップくらいにしておきました〜。


これを。

スプレー容器に入れまして↓




    



          








次は。

ハーブのエッセンシャルオイルを入れるだけ!!

・・・え・・(°∀°)・・・?

簡単過ぎた?


オイル選びが楽しいじゃない〜!!

うちにストックしてあるオイルから↓








    






って、そんなにも種類ないんだけど〜。

どれを組み合わせようか。

迷ったわ〜。


レシピでは。

・シトロネラ
・レモングラス
・ラベンダー

の3種類が使われていたわ〜。

虫よけ効果や脱臭効果があるそうよ!!


我が家には。

この3種が無かったため。

オーソドックスなこちら2種に決めました〜↓






          







レモンとラベンダーのオイルです〜☆

こちらのオイルを。

数滴ずつ。

先ほどのアルコールの入った瓶に入れまして↓








             






あとは。

よーく混ぜ合わせれば。

あっという間に。

ハーブの虫よけスプレーの完成です〜☆↓
 






     


          






グリーンの霧吹き用スプレーに入れてみたわ〜。

パッと見。

虫よけスプレーには見えないので。

お部屋に置いても大丈夫よ〜(笑)



相方くんにさっそく。

シュッシュ!

と、スプレーしてみたところ。


「めっちゃ良いにおい〜(☆∀☆)!!」


と、感動してくれていたので。

とりあえず良かったわ〜。



虫よけの効果が如何ほどかは。

この夏。

蚊にどれだけ刺されるかどうかで。

判定することになりそうです〜(笑)






          






虫よけスプレーだけど。

ちょっとしたオーデコロンのようで。

使うたびに嬉しくなるわ〜☆






      





    にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ   にほんブログ村 住まいブログへ   にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

2017.03.30 |
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック