<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ふわもこカーペット。 | main | 新年のごあいさつ 2014。 >>

スポンサーサイト

2017.03.30 |

一定期間更新がないため広告を表示しています

クリスマスリース壊れる、の巻。

2013.12.19 | 22:51

                         


                 





本格的に寒くなって。

朝のチャリ通勤のツラサにも。

日々磨きがかかってきております〜(TωT)


先日。

いつも来ているパジャマが。

大分とぐったりしてきたので。

ぬくぬくのパジャマ(うさぎの耳つき)を。

久しぶりに新調したのだけど。

速攻、相方くんに奪われてしまったわ・・・。


肉づきのいいトラミに比べて。

薄っぺらい相方くん。

冬の寒さは、尋常じゃなくツライらしいけど。

パジャマ・・・返してくれないかしらね〜。

だって。

・・・ピンク色ですよ・・・?(*´;ェ;`*) 



でも。

おかげで彼。

この冬は全然寒くないらしいわ〜。


もう1着・・・買おうかな・・・。







       







さてさて。

クリスマスまでもうあと少し!!


ぎりぎり間に合った!

って感じのお話だけど。

我が家のクリスマスリースはこちら。









    







ベースは松ぼっくりやクルミのついた。

ブラウンのナチュラルなリースに。

ナチュキチで買った。

イチゴや雪のデコレーションをくっつけて。

クリスマス仕様にしていたのだけど。


デコを外せば、普段使いもできるという。

まぁ、節約作戦ね〜(笑)



11月の半ばに。

このリースを玄関のドアに飾って。

ゴキゲンなトラミだったんだけど・・・。


こないだの。

強風が吹き荒れた日。

仕事から帰ると。

そこにリースの姿はなく。

無残な姿で。

地面で朽ち果てていたわ・・・。









    







こんなにもぱっくりと。

割れるもんかね!!!??


と、リースに思いっきり突っ込んだわよ!!


この姿を見た相方くんも。


「なんでーーーーー??!!かわいそうにーーーー。゚(゚´Д`゚)゚!!」


と、哀しみ。

接着剤で。

何とか復活を試みてはくれたのだけど。

リースの芯の部分が発泡スチロール材のため。

奇跡の復活は遂げられなかったわ・・・。




すっかり肩を落とし。


「もう・・・今年のクリスマスは・・リースいいわ・・・。」


と、やる気を無くしていたトラミ。



そんなトラミを。

相方くんがいそいそと。

魅惑のガーデニングのお店。

緑の雑貨屋さんへと誘ったわ。



そして。

まんまと新しいリースを見つけてしまったわ〜。

や〜ね〜。

そのおnewリースさんがこちら!








    






かなり落ち着いた色の。

シックなリースです〜☆。:*:・(*´ω`pq



玄関に飾ってみると。

こんな感じ〜。








    







ドアの色とも溶け込んで。

ますます落ち着いた感じね〜(笑)







    








本当は。

もっと赤を基調にしたリースとか。

真っ白な雪のリースとか。

かわいいのも色々あったんだけど。


「これなら・・・お正月でもいけるんじゃない?o(●´ω`●)o」


という。

これまたセコイ思惑に溺れ。

長く使うべく。

このリースちゃんに決めました〜。








           







お正月はこのままでもいいかもしれないけど。

クリスマスには。

またイチゴとか絡めてみた方が可愛いかもな〜。








           







なんて。

こうやって改めて見て。

実感しているわ〜。



壊れたリースちゃんも。

キレイに解体して。

自分で作り直してみようかと。

計画中よ!!


うまくいかないと思うけどね・・・。



    

       







クリスマスまで。

もうブログ更新できないかと思うので。



一足お先に。


メリークリスマス。


みなさんのところに。


幸せの雪がたくさん降りますように。





   にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ   にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

2017.03.30 |
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック