<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 逆・ハウスシック症候群? | main | MARKSなクリーム。 >>

スポンサーサイト

2017.03.30 |

一定期間更新がないため広告を表示しています

お麩を楽しむ。

2014.01.14 | 22:24
 



                





昨年の年末頃まで。

仕事が詰まって。

大忙しだったわが家。



・・・それを言い訳にしちゃいけないのですが。

必然的に。

外食が多くなってしまっていて。

一応主婦でもあるトラミとしては。

自己嫌悪に陥ることも多かったのよね・・・(´△`)↓ 



もともと。

外食が大好きな相方くんは。

単純に。

「やっほーい!」

と、喜んでいたんだけど。




それでもやっぱり。


「おうちのごはんが一番美味しい」


と、トラミは思う。


・・・まぁね。

作るのがどうせトラミだからさ。

実際に美味しいのかどうかは。

この際、ちょっと置いといて。




要は。

たとえば。

お茶漬けとお漬物だけだったとしても。

おうちで食べるのが。

美味しい、ってことなのよ。




外食は。

もちろん美味しいし。

人に作ってもらってるお得感とか。

片付けもしなくていい楽ちんさとか。

有りがたい面は多々あるんだけど。



どこか。

味は似通ってくるし。

やっぱり濃いめの味付けだし。

どうしても。

飽きてくるのよね・・・。



結局。

胃腸も舌も疲れてきて。

おうちで、握っただけのおにぎりが。

最高に美味しかったりするわ〜。




そんなわけで。

最近は、休みの日でも。

あまり外食することが少なくなってきました。



仕事が遅くなったときは。

やっぱり疲れてしまって。

正直、甘えたくなることもあるけど・・・。

なんとか。

頑張ってます(笑)






          


        







そんなトラミに。

お友だちのリサちゃんが。

こんな嬉しいお土産をくれました〜。









    








たくさんの「お麩」です〜。

金沢では有名な不室屋さんのお麩たち。

本当に色々な種類があるのね〜。



お味噌汁にはもちろん。

もち麩や子車麩たちは。

煮物にもとっても合うんだそう。

近々、京風の煮物とか作ってみようかな〜。




色鮮やかで。

なんとも可愛らしいお麩たちも↓









    








こんなかわいい食べ物。

日本ならでは、という感じで。

トラミ、胸がきゅんとします〜(●´Д`●)

和風のお汁だけではなく。

洋風のスープに入れても合いそうかな〜。


今度、お客様が来たときに。

浮かべてみたいと思います〜。




そしてそして。

トラミも御用達のお吸い物がこちら〜↓








    







一見、最中の和菓子に見えるんだけど。

これは、歴としたお吸い物なのよ〜。

以前、お祝いに頂いたのをきっかけに。

気に入って、買い足していた「宝の麩」シリーズ。


リサちゃんには話したことなかったのに。

お土産に買ってきてくれて。

すごく嬉しかったです〜☆




お椀に入れてみると・・・。








    







かわいい梅の形の最中のよう。

もったいないけれど。

この梅ちゃんに穴を開けます〜。

ごめんよぉ(´A`。)










    







そこに。

昆布だしと、とろろ昆布を入れて。

お湯を注ぐと・・・。







    







中から、ラブリーなお麩が登場し。

奥深い味のお吸い物が完成します〜。

最中の香ばしさもあって。

とっても美味しいのよね〜。


お正月や。

お祝いのときなんかにも。

華やかでいいかもしれないわ〜。





ちなみに。

今夜のわが家の夕食は。


トラミが敬愛する。

栗原はるみさんレシピの。

「揚げ鶏のねぎソース」定食〜。









    








おうちごはんは大好きだけど。


自分が無理し過ぎないように。


ちょっと息抜きもさせてもらわなきゃ(笑)



便利で美味しいお吸い物に。


感謝です。



ごちそうさまでした。







             







   にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ   にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

2017.03.30 |
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック