<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 北欧なおうち 〜リビング・キッチン〜 | main | ウッドデッキのモッコウバラ’2016。 >>

バラのアーチ’2016。

2016.05.20 | 00:26




                      





「怒涛のような5日勤がやっと終わったぁぁぁぁぁ〜〜!!!!!」


と、叫んでちょっとひと息。

仕事上。

勤務がバラバラなもので。

連続勤務が続くと。

それはもう。

すぐに疲れちゃうトラミ。



でも。

相方くんにそんな愚痴を言うと。


「は?こっちは毎週5日連続仕事してますけど?」


と、さらりと一蹴。


「でででででですよね〜!!」


と苦笑いはしておくが。

このしんどさは、同業者にしかわかるまい。

ふーーんだ。






            




さて。

やっとアップできそうです。

毎年恒例のわが家のお庭。


毎年おんなじような画像ばっかりで。

「去年と同じじゃね?」

と思われる方もたくさんいらっしゃるかもですが。

正真正銘、今年の画像でございます。



ちょーーーーっとした違いしかない画像が。

このあとも大量にアップされておりますので。

お忙しい方は、どうぞスルーしてくださいね〜(笑)






今年の初春頃のわが家の玄関アーチ↓




                   




少しずつ葉っぱが付き出し。

冬から春への移り変わりを感じて。

嬉しくなる頃ね〜。






                 




そんな庭先に。

ぽつんと。

ひとつ。

ふたつ。

バラのお花が咲き始めました。↓





                   




真っ先に咲きだしたのは。

おそらく。

イングリッシュヘリテージ。

淡い桃のようなピンクが花開きます。





               





それを追いかけるように。

アブラハムダービーも開花。

(↑・・・・・・実はどちらがどう違うのか・・・。未だに見分けがつかない。使えない園芸部員トラミ・・・。)






                    




アーチの右側から。

上を目指して登ってきてくれているのは。

ご存知。

ピエール・ドゥ・ロンサールさま。






               





この名前を聞くと。


「オスカルーーーーーーー!!!!」


と叫びたくなるのはなぜか。

ただのヲタクだからか。

ただ名前の響きに溺れているからか。






                    




イングリッシュローズたちは。

花弁の豪華さも然ることながら。

大きさも堂々としていて。

「お見事!!」というしかないほどの。

存在感と重量感。





               




アーチの上が。

だんだんとずっしりとしてきたわ〜。





               





横から見ると↑

まだまだ蕾が空に向かってたくさん伸びてるわね〜。



アーチの左側には。

5,6種類のバラが植わっているため、

お花の数は。

どうしても。

左側≧右側になってしまっています。






 





その重みのためなのか。

毎年少しずつ。

白いアーチが右側へ傾いているという(笑)





                         




気にしない〜。気にしない〜。





               




たわわに毎日咲き続け。

日に日に増えていく可愛いバラたちを。

写真に撮らずにはいられないトラミ。

もしもわが子が誕生した日には。

きっとこんなもんじゃないんだろうなぁ〜(笑)




アップする写真を整理していたら。

なんと。

雨ニモ負ケズ。

この日も撮影していたわ〜↓





               





ピエールさんの開花がどんどん進むと。

その色鮮やかなピンクに圧倒されるわね〜=3





               






淡い桃のようなピンクも大好きだけど↓





                                 





ビビッドなピエールさんのピンクも。

もちろんやっぱりステキで。

お名前のように華やかでキレがある色よね〜。

「名は体を表す」

とは、まさにこのことだわ〜。






                






そしておそらく。

バラのアーチのピーク時↓





                     




ピーク時には。

初陣の頃のバラさんが。

潔く散り始めてしまうのが。

淋しくも華やかで。

毎日バラの花びらの上を歩いておうちに入れるという。

その贅沢さに酔いしれている(←ただの自己満足。)




トラミは結婚式のときに。

バージンロードをバラの花びらで敷き詰めてもらったのだけど。

確かその花びら代だけで。

3〜4万円ほどかかった記憶が・・・。

それを今では。

毎日無料でできているのだというのだから驚きよね〜(笑)

でも。

その陰には。

プライスレスな園芸部長の日々の努力があるのだけど・・・。





それでは最後に。

お約束のbefore→afterを。





before                                                after
 

               

before                                                after
 





こうやって並べて見てみると。

バラの持つ華やかさに。

心底惚れぼれしちゃうわね〜。



「それは無理だ」


とわかっちゃいるのに。


「ずっとずっとこのままでいて欲しい」


と思ってしまうのは。

自然界の掟を無視した、人間のエゴなのか。


でも。

きっとずっと咲き続けていたら。

このバラの本当の美しさや素晴らしさを。

いつか忘れちゃうんだろうなと思う。





                







このほんの少しだけの。

素敵なバラ時間を作ってくれる園芸部長に。

心からの拍手とありがとうを贈ります。







             


★しばらくはバラシリーズ続きます(笑)
 


                    

スポンサーサイト

2017.03.30 |
コメント
きゃー キター!!!
トラミさん邸のバラ!!!!!

待ってました 本当に。
それはそれは楽しみに。
バラって素晴らしい!!!

アーチが右側に傾き始めてても
バラが絡んでるとわかりません(笑)

園芸部長さん お見事ですっ
ずっと散らないでこのままでーって
私も思います。
だからこそ、この季節が愛おしいんですね。

次回更新のバラも楽しみに待ってますね!
トラミさん邸のいろんなバラ達 本当に素敵!!!
pecoriさーーーん!!
せっかく、こんなブログにコメントを下さっているのに、返事がとてつもなく遅すぎで、ほんとにほんとにすみません!!
こんなずぼらな女トラミを、長い目で見てやっていただけると非常にありがたいです〜!!!

玄関アーチのバラは、毎年くぐるのが楽しくなるほど、色々なバラたちが咲いてくれて、わくわくしてます〜。
でもほんとに、傾いてしまっていて(笑)
部長もいろいろ試したけれど、傾きを戻すのは難しい様子。
今年もあっという間に終わってしまったなぁ〜・・・。
ちらほらと、四季咲きの子がいるので、秋くらいまでは、少しずつ楽しみたいな〜と思います☆
  • トラミ→pecoriさん
  • 2016.06.11
  • 16:59
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック