<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 幸せをはこぶ小鳥。 | main | momoの家具購入!〜書斎編〜 >>

スポンサーサイト

2017.03.30 |

一定期間更新がないため広告を表示しています

momoの家具購入!〜リビング編〜

2010.12.23 | 00:23

こないだは、ダイニングチェア編でしたが、今回はリビング編で〜す。


トラミ家は、結婚を機に今の社宅へ引っ越してきて、1年と6カ月ほどになりますが。

トラミも相方も実家にいたため、家具も電化製品も、ほとんどを新調いたしました。

インテリアやおうちづくりに興味ありありのトラミは。

「今じゃ〜!!(☆Д☆)」

と、目をキラキラさせて、家具選びに没頭したわけであります(^∀^)

そして、前々から大好きだった、momoの家具を購入したのです。

まず、TVボードは絶対にいるでしょ〜ってことで購入したのが、こちら〜。






1500个痢一番大きいサイズにしました。

新居へ引っ越すのを言い訳に、TVも大きいのにしちゃったので、このサイズを選びました。

ボードには、左上からブルーレイレコーダー。

左下はプレステ2。

右上は相方のノートパソコン。

右下はJCOMの通信機(?)が入っているわ〜。

真ん中の引き出しには、主にDVDやブルーレイのソフトを入れてマス。


これだけじゃ殺風景!

てか、物入れるとこがなくて、ちょっと不便〜!

ってわけで買い足したのが、こちらのサイドボードでございます。





上の一段が、ガラス使用になっていて。

扉が下から上に開くタイプのサイドチェストなの〜。

ご覧の通り、高さが3段と2段のタイプがあって。

収納力に惹かれて、初めは3段を買うつもりだったんだけど。

TVボードと並べたときの雰囲気を考えて、2段の物を購入しました。

店員さんのお話では、このチェストは色々な使い方ができるとかで。


    


こんな風に、本やお洋服などを入れてみたり。


  


食器や、なんと、靴を入れてみる使い方もあるんだとか!!

トラミは、とてもじゃないけど、シューズボックスとしての贅沢な使い方はできないわぁ〜!

ちなみに。

うちの社宅は、食器棚を置けるようなスペースがなく。

必然的に、食器入れとして現在活用中よ〜☆

おうちが完成して、食器を入れるスペースがキッチンに無事完成したら。

このスペースには、お気に入りのハイジやジブリのフィギュアを飾るつもりよ〜(´Д`)


続きまして。

お気に入りの本や雑誌を入れるスペースがなく。

本が押し入れに山積みにされていたのを見兼ねて購入したのが、こちらのチェスト。






TVボードや、サイドチェストと同じシリーズの本棚です。

高さを調節できるので、雑誌でも文庫本でも漫画でもOKだから重宝してるわ〜。

新しいおうちには、作りつけの本棚があるので。

これは、子供部屋かリビングに置いて、この画像のようにインテリア雑貨を飾れたらいいなぁなんて妄想中よ〜。

棚の奥に見える板の部分が可愛くてお気に入り☆


そして、リビングの主人公ともいえるソファでございます!

相方と二人で、いろいろなソファに座っては。

「違う。堅い。背もたれがダメ。うんぬんかんぬん・・・」

と話し合った結果。

辿り着いたソファが、これまたmomoだったのよぉ〜。

二人ともが一致していた意見が、「絶対に布のソファ!」でした。

耐久性や、汚れのことを考えると、レザーかなぁとも思ったんだけど。

それより何より、心地よさをやっぱり優先させてしまいました。

選んだソファがこちら。





Toddというソファで、横が1800个梁腓めサイズのもの。

座面が広く、背もたれも高いので、座ったときの安定感が最高!

しかも、クッションが、ベッドにも使用されている物を使ってるとかで、横になったときの感触といったら、それはもう(≧Д≦)

横になった途端、すぐにお昼寝してしまうのは仕方ないと思うわ〜。

肘置き(?)の部分が、ちょうど枕になるので、最高なの〜。

さらに、こちらのソファは、カバーリングタイプなので、カバーを交換できるというのも嬉しいところ!

うちは、相方くんの希望で、camelというか、カーキというか、結構男の子っぽいカバーを使用中よ〜。






こちらが、実際のトラミ家で使っているToddさん。

…ん?

よく見ると、相方がイタズラして、左端に青いエイリアンを出没させているわ〜。

(お借りしている画像の物より、かなりくたびれてるわね〜笑)

結構高い買い物だったけど、それだけの価値はあったと、満足しています〜。

このソファに合わせて購入したのが、このテーブル。





これも、実際のトラミ家の画像よ〜。

comoというシリーズのテーブルで、天然木の感触がとっても素敵なんです。

使えば使うほど味が出てきそうで、楽しみ☆

TVボードのシリーズに合わせて、ホワイトに統一しようかとも思ったんだけど。

スウィート過ぎちゃうのもなぁ・・・と思って、このテーブルにしてみたわ〜。

この向かいに並べてるTVボードさんたちは、こんな感じよ〜。





配線とかがいっぱい見えてて、お恥ずかしいんですけども〜。

この子たちは全て、このまま新しいおうちのリビングでも活躍してもらう予定デス。


そして。

ちょっぴりだけど広くなる予定のリビングに買い足したかったのが、オットマン。

ヒーローの名前じゃありません。

ソファに座ったときなんかに、足を伸ばして乗せられるという、ちょっとした贅沢品よ〜。

でも、お客様が来たときなんかには、ちょっとした付けたしのソファ代わりにもなるし!

と思って、購入することにしました。

迷ったのが、このスツールたち。


   


左のは、オットマンというよりは、ちょっとした腰かけ?って感じね〜。

右は、一応スツールに分類される、ちょっと小さめの物。

どっちも可愛いし、気に入ったんだけど。

結局は、初めから気に入っていた、大き目のオットマンに決めたわ〜。







座面が広くて。

お部屋に置いたときの、ソファとのバランスも、やっぱりこれがいい!!と思ったので。

こちらも、カバーリングタイプなので、ソファとお揃いの物に決めたわ〜。

この子にお目にかかれる日が楽しみです(´∀`)/


★今回も、「うちの画像」 と紹介しているもの以外はmomo naturalから画像をお借りしています。


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ     にほんブログ村 住まいブログへ     にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

2017.03.30 |
コメント
きゃ〜トラミちゃんち片づけが行き届いてる!
結婚を期に家具を新調しちゃったなんてステキ。。
この家具をあのおうちに〜なんて妄想中(´¬`)

ソファ。。。ほんっと悩みます。。。
色は落ち着いてるけどなんとも可愛い形のソファですね☆
chicchiさん☆

このときは、たまたま片付いてただけなんですよ〜!最近は、おうちづくり関係の照明とか、雑貨とかで、ダンボールの山ができてるし〜(´Д`)
このソファ、とっても気に入ってるんだけど、結構くたびれてきてるんですよぉ。
大切に使わないとねっ。
  • トラミ
  • 2010.12.24
  • 22:46
いいなぁ〜布ソファ^^;
やっぱり素敵ね^^
なんて言っても肌触りなのよね〜うんうん。
そうなのよそうなのよ^^;
(あきらめの悪い私^^;)
いや、でも決めたの。うちは汚れがすごいから(><)
オットマンもいいなぁ〜^^
  • suika**
  • 2010.12.25
  • 10:06
suikaさん☆

布ソファと革ソファ。
この対決は、きっと永遠に続くんだと思うわっ!
だって、私なんて、未だに革ソファもいいなと思うもん!!
suikaさん家のソファも、欲しいんだもん!!かわいいんだもの〜(>Д<)
もう最近、欲しい物あり過ぎて困るっ!!
今度、トレードしましょうか?(笑)
  • トラミ
  • 2010.12.25
  • 16:01
はじめまして。
リクルートが運営します家具専門情報サイト TABROOM(タブルーム)編集部の西田と申します。
私ども、国内最大級の家具情報サイトとして、家具の製品情報や家具に関するニュースをお届けしております。
TABROOM(タブルーム)
http://tabroom.jp/

momo naturalの家具について書かれている記事を拝見し、コメントさせていただいております。

実は弊サイトでもこちらのアイテムを掲載しておりまして、是非 トラミ様のご感想を製品レビューとしてご紹介させていただけないかと思っております。
つきましては、お使いのご感想を頂戴できませんでしょうか。
ご承諾いただける場合は、簡単なフォームの記入をお願いしたいので、私のメールアドレスまでご連絡をいただければと思います。

タブルーム 西田 有香 宛 nishida@waku-2.com

突然のお願いで大変恐縮ですが、是非ご検討いただければと思います。
よろしくお願いいたします。
---------------------------------------------------------------
サイト名:タブルーム http://tabroom.jp/
編集・著作:株式会社リクルートライフスタイル http://www.recruit-lifestyle.co.jp/
発行:株式会社リクルートホールディングス http://www.recruit.jp/
------------------------------------------------------RECRUIT
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック