<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 人まかせなDIY。 | main | 引っ越し当日のとある風景。 >>

スポンサーサイト

2017.03.30 |

一定期間更新がないため広告を表示しています

お庭のイメージ。

2011.04.17 | 00:42
      


引っ越しをする前に。

外構のイメージを伝えるため。

2〜3回ほど、外構をしていただく会社の担当さんと打ち合わせをしました。

私がお願いしたのは、神戸にあるKガーデンさんという会社で。

HMの担当Kさんの紹介で、お願いしました。

まず、私の大まかなイメージを伝えるために、切り抜きや雑誌などを持って行き。

ナチュラルで、ジャンクなお庭のイメージを一生懸命伝えたんだけど。

自分の中のイメージを完璧に伝えるのって、なかなか難しいのよね〜。

と、改めて実感。

でも、Kガーデンさんの社長さんは、とても親身になって聞いて下さって。

一緒にお仕事をされている娘さんも、色々なアドバイスをして下さいました。

仕事の参考にするために、実際にイギリスのお庭を見に行くことも多いとか。

イギリスの郊外にある、素敵なお庭の写真などもいっぱい見せて下さいましたよ〜☆


そうして、打ち合わせを重ねる中で、画像に興していただいたのがこちら。




      



トラミ家の敷地の大きさや形など。

図面を見ていただいた上で作っていただいた完成予想図です。


●玄関までのアプローチは、なるべく木々が繁って欲しい。
●階段の石も、堅苦しい感じではなく、なるべく自然な感じになるように、あえて歪にしてほしい。
●車を停めるガレージも、無機質なコンクリートではなく、芝生と枕木でナチュラルにしてほしい。
 
などなど…。

他にも100個くらい、色々なお願いをしたような気がします(笑)

それでも、嫌な顔ひとつせずに、聞いてもらえて、本当に嬉しかったわ〜(≧Д≦)!

そして。

少しずつ、外構工事も進んでいったのであります。


引っ越し前に撮影した、途中経過の写真がこちら〜。



      



車を停める位置には、立派な枕木を入れて下さっています!

枕木の前に、黄土色に波打っているのは、コンクリートなんですが。

なるべくナチュラルに仕上げて欲しいという、私のお願いがあったので。

「土風仕上げ」 という形で、見た目が土のような感じで固めて下さいました〜。



     



よく見ると、お花の模様も入っていて、とってもラブリーです!

(車の出入りが激しい入口の部分だけは、芝生よりもコンクリートにしておいた方が、傷みにくい、とアドバイスをいただきました。)


それから、玄関アプローチの階段部分はこんな感じ。



     



すべて形の違う石や、レンガや、よく見ると瓦まで使って、階段を作ってくれています!

なんて良い仕事をして下さるんでしょう〜!

「わざと歪(いびつ)にして欲しい」 というトラミの要望をちゃんとわかってくれてるのね〜。




             



これは、玄関前のアプローチ部分。

これもね。

現場で、わざわざ石を削って。

一枚一枚、わざと形をバラバラにしてくれてるのです!

そして、わざわざ石と石の間に隙間を空けてくれているのは。

その間にハーブや草を繁らせて、ナチュラルな仕上げにするためなんですよぉ!!

さすがはプロ!!

てか、ここまでちゃんとして下さるお仕事に、感無量でございます〜!!


リビング前のフェンスも、手作りでこんな感じに。



      



ウッドフェンスのしたの壁も、土壁仕上げで、アンティークなイメージに。

ちなみに、ウッドフェンスに使われている板は。

輸入するときに使われる、貨物の箱をバラした物だとか。

腐敗しにくくて、しかも丈夫なんだそうです。


板に、ちょこちょこ見え隠れする文字や、ナンバーなんかがカワイイです。




               



ポストと表札をつけてもらう枕木も、しっかりしていてとっても立派です。

こちらの枕木も、腐敗しにくいように加工済み。

ジャンクな雰囲気を出すため。

ざっくりとしたホワイト仕上げにしてくれています。


外構が、引っ越し後どんな風に完成したかは…。

またちゃんと写真を撮ってお披露目したいと思います(^ν^)




    にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ     にほんブログ村 住まいブログへ     にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

2017.03.30 |
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック