<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

2017.03.30 |

一定期間更新がないため広告を表示しています

秋のtea time。

2012.10.16 | 02:10

        
            


いよいよ秋も深まってきましたねぇ。


おうちの中では。

基本的に薄着なトラミも。

今日はとうとう。

上着を着込んじゃったわ〜。


もうそこまで冬が到来しているのかもなぁ。



ついこないだまで。

冷たいサイダーなんかをゴクゴクと飲んでいたのに。

風が冷たくなると。

温かい飲み物が恋しくなるものね〜。



コーヒーも好きだけど。

うちの相方くんはコーヒーが飲めないため。

トラミも自然と紅茶を飲む機会が増えました〜。


ティーバッグの紅茶はお手軽だけど。

リーフティーの美味しさも捨てがたい。


そんなリーフティーを入れるための。

ティーポットをずっと探していたトラミ。


探し続けて。

辿り着いたのがこちらです〜。







     









          







かなりシンプルなティーポットね〜。

こちらもご存じ、「生活の木」 さんの物です☆

形の可愛さや。

大きさなど。

他にももちろん候補はあったのだけど。




★リーフの泳ぎ具合と。

紅茶の色が見えた方が嬉しいので。

陶器よりも耐熱ガラス。



★簡単に入れたいので。

茶濾しが中にセットされていて。



★茶葉が紅茶に入り込まないように。

濾し目は細かい方がいい。



★相方くんと一緒に飲むことがほとんどなので。

2〜3人分の容量があれば充分。



★さりげなく。

草木のモチーフが入っているのも好み☆




以上のような理由で。

こちらのティーポットさんに決まったわ〜。


電子レンジもOKなので。

ミルクを入れて。

そのままレンジでチンすれば。

簡単にミルクティーもできちゃうという賢い子なのよ〜☆

(茶濃しはレンジしちゃダメよ〜。)




茶葉を入れて↓






    







お湯を注ぐと↓







    







透明なティーポットが。

突然色づいたようで。

ワクワクしてしまうわ〜(´∀`)♪

(ちなみに、本日の紅茶は「紅子」というフレーバーよ〜。)





そうそう。

紅茶といえば。

よく利用させてもらうのが。


「LUPICIA」さん。


紅茶の種類が豊富過ぎて。

またそれが楽し過ぎて。

いつも1時間くらいは迷ってしまうお店ね〜。



トラミと相方くんは。

LUPICIAさんのブルーベリーティーが大好き。

夏にはアイスでいただくと。

心身ともにスッキリとするわ〜。




こちらのお店で。

お買いものをしたときに。

会員登録をさせてもらったところ。


なんと。

毎月、毎月。

お試し紅茶を送って下さいます〜!









          







紅茶にまつわる冊子とともに。


「今月の紅茶」


と称して。

その季節や旬に合わせた紅茶が届くのよ〜。


それも必ず2種類。

ティーバッグとリーフの紅茶が入ってます↓








     






紅茶って。

なかなか高価な物だったりするので。

色々な味があっても。

お試しで買ってみる勇気が出ず。

結局は、無難なフレーバーにおさまってしまうことも多いもの。


そんななか。

この毎月届く紅茶は。

色々と試せるのが本当に楽しみで。

素敵なサービスだと思うわ〜☆



みなさまも。

機会があれば、ぜひお試しを☆







お気に入りのティーポットで。

美味しい紅茶を入れる。


ひとりでゆったり。


贅沢な秋のtea time。








          








     








    にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ   にほんブログ村 住まいブログへ   にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村

いちょうの木のまな板。

2012.03.21 | 00:09



                         



ごぶさたしております〜。


またまたしばらく空いてしまいましたが。


確定申告後、税金も無事に返って参りました。


ありがとうございます〜。



前回の終わりにも、ちらりとつぶやいてみたのですが。


税金が返ってきたそのときには!

まな板を買ってやるわ!!


と、一人で勝手に決めていたので。

今回は、地味にまな板のご紹介〜☆





       





トラミは、以前は相方くんの会社の社宅に住んでおりまして。

キッチンが、かなり狭かったのです。

収納は無いわけでは無かったのですが。

背が届くわけもない高い場所に、戸棚があったり。

真後ろがお風呂だったりで。


できるだけ、物はコンパクトに。

邪魔にならないように、と心がけていたわけです〜。


作業台も、本当に少しの幅しかなかったもので。

大きなまな板は、それ自体が邪魔になり。

身動きが取れなかったのでございます・・・。



そんなわけで。

色々吟味した挙句、1つ目に購入したのがこちら↓





      
         ★画像お借りしています。




食材をカットしたら、そのまま折り曲げてお鍋へポイ!!



というなんだか、便利そうなこのまな板。

とっても便利そうだなぁって思ったのよ?


でもね。

これは、あくまでもトラミの個人的感想なので。

このまな板を愛用されている方がおられましても。

どうぞお気を悪くされないでくださいましよ?




曲がるのは、いいとして。

食材を切るときには、逆に曲がってほしくないわけですよ。


それがね。

やっぱり、折り目?的なものがついているために。

「まっすぐの板」には、なりにくいという。


本末転倒な問題を感じてしまったわけです。


要約すると。


「切りにくいよ〜(≧Д≦)!!!」


の、一言に尽きました・・・。

(愛用されている方には、重ね重ねすみませんです。)



結構なお値段がしたにもかかわらず。

すぐに 『無理!!』 と思ったトラミ。



2つ目に購入したまな板はこちらでした↓




                      
                 ★画像お借りしています。





画像がちょいと小さくて見えにくいのですが。

afternoon teaで購入したものよ〜。

でもこちら、まな板ではなく。

正式名称は 「ソフトクッキングマット」 だそうです〜。


少し小さめの、コンパクトサイズで。

下敷きみたいな感じの、薄っぺらーい板なんだけど。


まぁ、とりあえず切れるし。

まっすぐだし。(←当たり前)

収納も場所を取らないので、便利だし。

840円という素敵価格だったし☆



それからはずっと、愛用させていただいてたわ〜。



しかし。

トラミの夢のキッチンを実現させるべく。

ちょこちょこと、進化させている(?)今。


まな板さんも、このままでいいのかい?!


と、自分に問うてみた。


そして。

トラミ家に遊びに来るたびに。

必ず、意気揚々と料理をして帰るトラミおかんにも。


「あんた・・・ええかげんに、もっとマシなまな板買い〜な。」


と、言われる始末!!

なにおう!!ちょこざいな!!

なかなか使い易いわい!!


と、反論するトラミ。


それを見ていた、相方ママにまで。


「トラミちゃん、ええまな板買うたろか〜?」


と、言われてしまったじゃない!!



・・・そうね。

主婦の大先輩である二人からすれば。

こんな、薄っぺらいまな板。

まな板じゃないよね・・・。


・・・トラミだって、かなり前から感じてないわけじゃなかったわよ。


野菜を切るときの。

あの素敵な音。


「とととととととととんとん♪」


みたいな、包丁の音なんて聞こえなかったわよ。

わかってたわよ。

切りにくいわよ。



そうして現実に目を向けたトラミは。

ちまちまとまな板探しの旅を始めたのでありました〜。



ここまで長くてすんません。




トラミのめんどくさいところは。

ここからでして〜(笑)



「どうせ買うなら、一生付き合えて愛用できるまな板がいい!!」



とかなんとか。

また妙なこだわりを見せるもので。

なかなか購入にまで至らなかったわけですな〜。



☆こだわりの内容☆

●絶対に天然の木でできたものがいい。

●厚みがあって、存在感があるものがいい。

●さわり心地がソフトで滑らかなものがいい。

●使えば使うほど、味が出てくるものがいい。




うへ〜!!こいつめんどくせー!!


とか、思わないでいただきたいわ。

ひとつひとつ、道具を大切に使っていきたいからこそですのよ。




そうして。

探すこと約半年余り。



こないだ、親友Mちゃんとお買い物をしているときに。


とうとう見つけてしまったわ〜!!


これぞ!!というまな板さんに出会ってしまったわ〜☆


それがこの方でございます〜↓






       





トラミの写真の撮り方がイマイチなもので。

このお方の素晴らしさが伝わっていないかもですが。


この厚み。

滑らかな曲線と触り心地!

木のぬくもりと香り!


あああ素敵〜☆


と、一目惚れ。






       





出会ったその日は。

手に取りながらも。

Mちゃんに相談しつつも。


そのゴージャスな価格に、恐れおののき。

そっとその場にお返しして帰宅したトラミ。



でも。

それからも、このお方のことが頭から離れず。


「もう一度お会いしたい!!」


と、その思いは募るばかり・・・。




そうして、やってきたのが。

確定申告後の還付金!!


(☆∀☆)きらーーーん!!!



それ!!今じゃ!!



と、お金を握りしめ。

相方と一緒に、まな板さんをお迎えに上がったというわけです〜。




このまな板さん。

出身は、広島の宮島だそうで。

まな板に昇格するまでは、イチョウの木であらせられたとのこと。


イチョウの木って、こんなに芳しい香りがするのね〜(´Д`)☆






      





触り心地は、赤ちゃんの肌のようにすべすべよ〜。





      






キッチンに置いて、使っているだけで。

ほわ〜んと、木の香りがするくらいなの〜。

木の香りが嫌いな方には向かないかもしれないわね〜。




でも。

木のまな板は、プラスチック製とは違って。

管理を怠ると。

カビが生えやすいのも事実。

きちんと清潔に洗ったあとは。

乾燥させなくてはいけないのよね〜。


そして選んだまな板スタンドさまはこちら↓






      






言っておくけど、折り紙じゃないわよ?

昔、小学生のときに。

こんな形に折り紙を折って。

中に指を入れて、開いたり閉じたりして。

真ん中に、当たりだハズレだと書いては遊んだ記憶があるけど。

こちら、正真正銘のまな板スタンドよ。


陶器でできていて。

このぷっくりとしたフォルムに心を持って行かれました〜。


実際にまな板を立ててみるとこんな感じよ〜。






              





小さいながらも。

しゃん!とまな板さんを立ててくれる優れ物よ〜。






       





あとは。

料理の腕が。

道具負けしないように。


精進していくしかないわね〜。



大切にします。




  
       




★おまけ★


ちなみに、このまな板さん。

見つけたのは、なんとファッショナブルなお店。


 「URBAN RESEARCH DOORS」 さんにて。


以前までは、洋服だけを取り扱っているとばかり思っていたのだけど。

現在は、カフェもあったり。

生活雑貨にも力を入れておられる様子。

ライフスタイルそのものを、コーディネートしようってわけね〜。


オシャレなお洋服の中に。

こういった、手作りの台所用品があったり。

手作りの陶器や、岩塩などがあったりで。


時代は変わってるわ〜。


と、改めて感じるトラミなのでした(笑)





     
     にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ     にほんブログ村 住まいブログへ     にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村

キャトルセゾンのカフェオレボウル。

2011.11.03 | 00:45

仕事が早く終わった日の昼下がり。


トラミの姿は。

相変わらず神戸三宮〜元町あたりにありました☆


特に何が欲しいわけでもないのだけど。

ぶらぶらと。

大好きな本屋さんや。

雑貨屋さん。

そして、パン屋さんをまわるのが大好きなのよね〜。



懐が温かい日には。

一人でカフェランチ☆

なんてこともあるけれど。

そうね。

大体は、もったいないからと。

おうちに帰るまで我慢することが多いわね〜(笑)


「家に帰れば、何かある。」


これ、名言よ〜。



そうやって、せっかく節約したにも関わらず。

思いがけない買い物をしてしまうのが、ダメなところ…。



トラミの大好き過ぎるお店が。

「キャトルセゾン」

神戸のキャトルセゾンは。

2階に、カフェキャトルも併設されていて。

必ず足を運んでしまいます。


そこで、ついつい買ってしまったのがこちら。








    






          






なんと。

カフェオレボウルがついたムック本です〜!

これ、キャトルセゾンさんが企画されたもので。

カフェオレボウルと、小さな雑誌が一緒に入ってるの〜。








    






表のボックスと同じ模様の。

かわいい赤のチェックの雑誌と。


ちょっとアンティークな復刻版のカフェオレボウル。

お尻には、キャトルセゾンのロゴもちゃんと刻印されていたわ〜。







    





おまけとは思えないクオリティーよね〜=3



そして、一緒に入っていたミニ雑誌も。

内容がとっても充実していたわ〜。

カフェオレボウルにまつわるお話と。

私の憧れの雨宮塔子さんのプチエッセイ。


それから。

おいしいレシピもたくさん載っていました〜。







     






カフェオレボウルって。

サイズは色々あるんだけど。

カフェオレ飲むには大きいんじゃない?

って感じよね〜。


ところがこれが。

冬になると。

このカフェオレボウルで。

たっぷりとミルクを入れたカフェオレを。

思い存分飲める幸せったらありません!



我が家では。

相方くんがコーヒーを飲めないお子ちゃまなので。

カフェオレの代わりに。

たっぷりのロイヤルミルクティーか。

チャイが好まれています〜(笑)



数はまだまだ全然少ないのですが。

ちびちびと集めているカフェオレボウルさんを。

少しだけご紹介しますね☆







    





こちらの真っ白なカフェオレボウルさん。

確か5〜6年前に。

「私の部屋」というお店で購入したもの。


まるでミルクのような真っ白な色と。

ぽってりとしたスタイルに一目惚れ。


我が家では、もっともヘビロテされている器かもしれません。


カフェオレ以外に。

スープやシチュー。

サラダや煮物。

たっぷりのフルーチェを作ってみたりと。

その活躍はメザマシイものです。







    





そしてこちらが。

どちらもキャトルセゾンさんで見つけたもの。

それぞれ、違う時期にひとつずつ購入しました。

丸みのある、少し大きなボウルと。

ちょっぴりスマートで、シャープなボウル。

同じカフェオレボウルといっても。

そのバリエーションは、とても豊富なようです。


この子たちも。

かなりの頻度で利用させていただいています〜。



パリが大好きなトラミは。

親友のMちゃんと、たびたびパリへ訪れているのですが。

蚤の市や雑貨屋さんを巡って。

たくさんのカフェオレボウルに出会ったにも関わらず。

実は、ひとつも買って来なかったのです…。


Mちゃんにも。


「せっかくやから買えばいいのに!」


と突っ込まれながら。

割れたら嫌だし。

荷物重くなるし。


という、つまらない理由で購入を渋った自分が。

今更ながら恨めしいわね〜。


今度行ったときには。

たとえ、手荷物が増えようとも。

絶対に買って来ようと心に決めているわ!



…でも。


当分行けそうにもないけどね…。とほほ。







    





とにもかくにも。

これからの季節は。


大好きなカフェオレボウルたちとともに。


あたたかい飲み物を。

存分に楽しみたいと思うわ〜。





    

    






    にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ     にほんブログ村 住まいブログへ     にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村

プロヴァンスなゴブレット。

2011.08.25 | 00:11

                       
                                                   



今日は久しぶりのオフ。


お洗濯と。

家中に掃除機をかけました〜。


…おうちが広くなって、嬉しいことがいっぱいだけど。

お掃除は大変になったわね…。


いまさらながら


当たり前のことなんだけど。


ついついラクをしたがるトラミにとっては。

なかなかの重労働だわ〜。


世間の主婦のみなさんは、ほんっっっとエライ!! 





話は変わりますが。


先日の仕事帰り。

友人の結婚のお祝いを選びに。

神戸のafternoon teaへ行きました〜。


結婚のお祝いって、何が良いのか本当に迷ってしまって。

選びに選んだ物の方が心はこもっている気もするけど。

新郎新婦さんが欲しいものかどうかはわからない。

ほかの人とかぶってしまっても困るしね〜。



てなわけで。

afternoon teaのカタログをプレゼントすることに決めました。





                       
                        (画像はお借りしています。)



こちらのカタログプレゼントは

商品のラインナップも、可愛くてオシャレな物ばかりだったし。

実用品もたくさん載っていたので

これなら、喜んでもらえるかも〜☆

と思えたわ〜。

トラミが欲しいくらいよ〜。



カタログの発送準備をしてもらっている間。

お店の中をうろうろしていたら。


「プロヴァンス」をモチーフにした商品のキャンペーンをしていました。


プレートや、キッチンクロス。








(画像はお借りしています。)





タオルやスリッパまで。

フランスのプロヴァンス風のグッズがたくさん並んでいて。



キャーーーーー(☆▽☆)ーーーーーーー!!!


と心の中だけでなく

実際に叫んでしまったわ〜。


ええ。

ひとりで買い物中でしたわよ。

もちろんじゃない?


その中で一目惚れしてしまったのがこちらです〜↓




             

              






                




ブルーのゴブレットです〜。


言葉を知らないトラミは

勝手に、「ワイングラス」 と呼んでいたんだけど。

商品名を確認すると、「ゴブレット」 と明記されていたわ〜。


そんな言葉。

一般人のトラミは使わないもの〜(´Д`)=3



使うとしたら。


三大魔法学校対抗試合の、代表選手を選ぶときくらいじゃないかしら〜?





                           
                       (画像はお借りしています。)





トラミ的には、フラー・デラクールが好きだったわ〜。


紅一点で頑張ったわよね〜。






                






トラミの写真技術ではわかりにくいかもしれませんが。


ブルーのゴブレットに。


ワインボトルや、チーズ、バゲットなどのデザインが描かれているんです〜☆

こういう形のグラスはあっても。

こんなラブリーなデザインの物にはお会いしたことないわぁ〜!


と思い。


お値段も、目が飛び出るような高額な物ではなかったので。

お持ち帰りしちゃたわ〜(≧∀≦)☆☆





イタリアや、フランスへ旅行に行くと。

小さなレストランやカフェでも。

こうした、ゴブレットでお水を出してくれることが多かったの〜。


しかも。

ただのお水でさえも

ちょっと高貴で、美味しく感じるような気がしたので。


現在のトラミ家では。

食事中のお水やお茶を飲むときに、このゴブレットを愛用しています〜☆

お水もたっぷりと入るので。

なかなか便利です。



このゴブレットでお水を飲むとき。

相方くんは決まって。



そこに居るはずもないペルシャ猫を膝の上に乗せ。

その猫をなでながら。

中指と薬指の間に、ゴブレットの足をはさみ。

ゆらゆらと揺らしながら。

まるでワインをテイスティングしているような仕草をして見せます。



「中に入ってるのは、ただの麦茶ですけど!」




と、突っ込むのはトラミの役目。


…知能指数の低い夫婦のやりとりに。


せっかくのステキなゴブレットも


きっとがっかりね〜(笑)





              





     にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ     にほんブログ村 住まいブログへ     にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村

リネンのクロス。

2010.08.23 | 14:31
ナチュラルなインテリア雑誌などで、よく紹介されている

リネンのキッチンクロス。

触った感じは、ちょっとごわごわしていて。

初めは 「これ、ホンマにいいのか〜?」と。

信じていなかった私。

結婚して、新居へ引っ越したのを期に。

大好きな家具や雑貨のお店 「momo natural」でクロスを買ってみました。


 

(画像はmomo naturalからお借りしています。)

これが・・・めちゃくちゃいいんです☆☆

洗い物をしたあとの、お皿を拭いても、吸水力が抜群!

洗濯をすればするほどに、やわらかくなって。

使いやすさは増していきます!





気に入って、購入した2枚目はこのベージュのチェックのクロス。

柄もかわいくて、大のお気に入りです。

雑誌でオススメされるのも、納得ですね=3

こないだ、久しぶりに西宮ガーデンズのmomoにお邪魔したら。

また、新しいクロスが置いてありました。



左に並んでいる4枚のクロス。

ちなみに私は赤いラインのを購入しました。

これは、ちょっと今までのクロスにくらべると生地が厚め。

しかも、サイズがとっても大きいんです。

お客さんが来たときに

少し小さめのテーブルクロスの代わりとしても活用しています。

みなさんが 「何枚でも欲しくなる!」という気持ちがよくわかりました。

1枚1枚が結構高かったりするので。

少しずつ

色んなクロスを集めていきたいと思います。

かわいいキッチン作りを目指して☆


にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ     にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ      にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村